ポストアギーレは誰になるのか、そして和歌山の小学生殺人事件の犯人は

昨日、日本サッカー協会の日本代表監督選びをしている臨時技術委員会の霜田正浩技術委員長は監督候補を5人前後に絞ったことを発表した。
5人の中に日本人はいないとのことで、いずれも外国人だそうだ。日本代表はこれでオールジャパンではなく、従来と同じように外国人監督が率いる形となる。
候補者はいろいろな人名があげっているが、今朝見ていたフジTVではストイコビッチ元名古屋グランパス監督のインタビューが放送されていた。現役時代はピクシーという愛称で呼ばれており、フリーキックにとどまらずドリブルやパスなどサッカー全般に関して素晴らしい選手であった。
監督経験は名古屋グランパスのみであるが、名古屋の監督を引き受けるときに、師匠であるオシム元日本代表監督や、ベンゲルアーセナル監督に教えを受けたともいわれるので経験は申し分ないと思う。また現役、監督時代を含めて日本のサッカー事情にも精通しているので代表監督としてもやっていけるのではないか。
d0183174_08440365.jpg
ただし激情家であるので、そのへんは心配ではある。他には元鹿島のレオナルドがあげられているようだが、代表監督を選ぶなら実績重視も大事だが、40代のバリバリの人を選んでほしい。代表監督が発表されるのはいつかは決まっていないが、そうノンビリとしてはいられない事情もある。発表が待ち遠しい。
そして先日、和歌山県紀の川市で小学生がナイフのような鋭利な刃物で殺傷されるという殺人事件が発生した。事件は昨晩に近所に住む22歳の男が殺人の容疑で逮捕された。
犯人逮捕のきっかけは防犯カメラに映っていた犯人と似ていたこと、近所の人しか知らないであろう路地を駆け抜けて逃走したこと、目撃者が容疑者に似ているといったことなどから逮捕にいたったようだ。
最近はとにかく殺傷事件が多いような気がする。人の命を大切にするという教えはなくなってしまったのであろうか。「イスラム国」人質殺害事件もそうだが、何かと物騒な事件が多い今日この頃である。

[PR]
by motokunnk | 2015-02-07 08:47 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/21537586
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 昨日夕方のヘリが飛んでいた原因は ルメール、デムーロ兄が一年中観... >>