渋谷区が条例案、そして錦織、カーリングの結果

昨日、夕刊を見ていると、渋谷区が男女平等および多様性を尊重する社会を推進する条例案を4月議会に提出すると書かれていた。
渋谷区のホームページを見ると、平成27年度の予算案の概要が掲載されており、そのトップにこの条例案の説明がでていた。それによると、条例は「(仮称)渋谷区男女平等及び多様性を尊重する社会を推進する条例案」だそうだ。
d0183174_08500786.jpg
概要には次のように記載されている。
「男女の別を超えて多様な個人を尊重しあう社会の実現に向けて、男女及び性的少数者の人権の尊重、区、区民、事業者の責務などを規定するとともに、区長の附属機関として推進会議を設置、施策を総合的かつ計画的に進めることとし、さらに、禁止事項、相談対応、公表規定を設けることにより施策の実効性を図っている。
特に、性的少数者への対応の一つとして、区が公的機関として初めて、同性パートナーシップを結婚に相当する関係と認め、その証明を行う規定を設けるなど画期的なものとなっている。」
海外では、国レベルでパートナーシップを認めたり、同性婚を承認しているところもある。日本でも渋谷区のこの条例案が議会を通過することによって、パートナーシップを認めるか否かなどの議論を活発にしていくことが望まれそうだ。
錦織圭の3連覇がかかるメンフィスオープンが開幕し、初戦で錦織は格下選手に第1セットを取られたが逆転で勝利をおさめ、ベスト8に進出した。室内大会ということで室温が高く、ガットの貼りが微妙に影響したようで、フォアハンドにミスが生じたそうだ。全豪ベスト8に続いてこの大会3連覇に青信号が灯ったかもしれない。
そしてカーリング日本選手権、道銀を破って首位にたったLS北見はチームフジヤマに5-9で負けてしまった。ユーストリーム中継を見ていたが、前半のエンドで大量失点してしまい、最後までリズムにのれなかったようだ。
今日の予選最終試合は中部電力、このチームも2連勝と調子をあげており、油断は禁物だ。予選1、2位は決まっているが、どうせなら1位通過した方が気分がいいと思うし、予選を連敗して決勝トーナメント進出するのはモチベーションの点でいささか心配である。
日曜日の決勝は、ベストの状態で北海道銀行とLS北見が戦ってほしいと思う。

[PR]
by motokunnk | 2015-02-13 08:51 | 日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/21553505
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 今日はバレンタインデイ、なでし... 練習試合での大谷翔平、カーリン... >>