日本ハムの開幕投手は予想通り大谷翔平

昨日のスポーツニュースはこの話題がトップニュースとなっていたようだ。栗山監督も粋なはからいをしたようで、午前11時11分にこの発表をしたそうだ。
d0183174_08463332.jpg
大谷翔平の背番号は11番ということで語呂合わせに近いが、話題性は十分であった。栗山監督になって開幕戦は3連勝である。斉藤祐樹にはじまり、武田勝、吉川光夫そして今年は大谷翔平である。毎年、その年に期待する投手を開幕戦に充てているようだ。
開幕投手はその後のローテーションで各チームのエース級と対戦することになる。日本ハムの優勝の行方は3年目の大谷翔平の右腕に託されたといってもいいかもしれない。そして今日からオープン戦である。日本ハムの相手は開幕戦で激突する東北楽天、ここでたたいていいイメージを植え付けたいと思うのだが。
2日目をむかえたF1バルセロナテストはレッドブルのエースとなったリカルドがトップタイムをマークした。テストは各チームがそれぞれ目的をもって行っているものなのでトップタイムは意味のないものではあるが、やはりチーム体制が変更となったチームにとっては士気があがる出来事だと思う。
d0183174_08464196.jpg
マクラーレンホンダは、アロンソがドライブして今シーズンのテストとしては最長の59周を走破した。新井F1プロジェクトリーダーは「今日のプログラムは実りあるものでした。パワーユニットを使って本番に則した走りをできました。」と前向きのコメントを発していた。
ただ、ドライブしたアロンソによれば、マシンのポテンシャルは相当高いものがあるそうだが、開幕のオーストラリアから全開というわけにはいかないようで、夏ごろに100%の真価が発揮できればとのこと、まず開幕は入賞を目指す走りになる?

[PR]
by motokunnk | 2015-02-21 08:48 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/21574356
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 今年最初のG1フェブラリーSの予想 中田翔が特大アーチ、そしてマク... >>