JR渋谷駅が開業130周年、そしてテニスとF1のお話

昨日JR渋谷駅が開業130周年をむかえた。先週からポスターなどが貼られており、お祝いムードを演出していたが当日は雨模様の天気で企画担当者はがっかりしたのではないかと思う。
記念入場券も発売されるということだったので、雨が降りだす前に購入しようと午前9時過ぎに渋谷駅まででかけた。東京駅の記念Suicaほどではないが、それでも待ち行列ができており、整理券を配っていた。
d0183174_08412135.jpg
d0183174_08411535.jpg
8時半から売り出し予定とのことだったが、整理券番号は196番だったので約200人が並んでいたらしい(実際私の待ち時間は10分ほどで購入できたが)。入場券は5枚セットでそれぞれ山手線の車両が年代順に描かれている。
すべてを知っており、乗車したこともある私はやはり歳をとったなあと変なところで感心してしまった。年表を見ると今日開業したのは渋谷駅だけではなく、新宿駅、赤羽駅、板橋駅の3駅が開業したそうである。東京駅が開業100年なのでそれよりも30年近く前に開業していたのだ!
帰宅し、ネットで調べてみると、すべての駅で記念入場券を発売していることがわかったが発売セット数は微妙に違っていることが駅の人気に連動しているようだ。
そして錦織圭の2戦連続優勝は残念な結果に終わってしまった。フェレールとは相性がよかったが、この試合にむけて対策を練ってきたようで、セカンドサービスを錦織のボディに打つことでリターン攻撃をさせないようにしていた。
d0183174_08412769.jpg
この結果として錦織の武器の一つであるリターン攻撃を封じることに成功していたようだ。またこの日の錦織は凡ミスも多かったようで、特に第2セットはサービスをキープできたのはわずか2ゲームのみ、後のサービスゲームはことごとくブレイクされてしまった。
しかし、トーナメント準優勝で世界ランクは4位となった。次はATP1000のインディアンウェルズで開催されるBNPパリバ・オープンである。ランク上位の選手が集まるこの大会で真価を発揮できるかが楽しみである。
開幕前のF1合同テストが終了した。マクラーレン・ホンダは最終日もトラブルがでた模様でトータル周回数は30周のみ、とてもレースシミュレーションを行うことはできなかった。
d0183174_08413427.jpg
これで13日から開催されるF1開幕戦のオーストラリアGPに臨むわけであるが、テスト不足はかなり深刻な状況だと思う。まあ開幕戦はグリッドにつき、スタートできることそして完走してデータ収集ができることに目標を切り替えて臨むことがいいかもしれない。
そんなことが感じられたF1バルセロナの最終テスト4日間であった。

[PR]
by motokunnk | 2015-03-02 08:45 | 日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/21598332
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 雛祭りとワールドカップと将棋名人戦 テニス、ラグビー、そしてF1合... >>