カーリング世界選手権とF1開幕戦予選そしてATPマスターズ

昨日から今朝にかけて、カーリング世界選手権、F1開幕戦、そしてATPマスターズと興味あるスポーツのTV中継が多々あり楽しく(実際は歯ぎしりしながらであったが)TVを観ることができた。
まずは地元札幌で開幕した女子カーリング世界選手権。地元開催で初のメダルを取りたいと日本チームの面々ははりきって試合に臨んだ。第2エンド後攻の日本チームは大きなチャンスを迎えたがスキップの最終投球がうまく決まらずに1点のみとなってしまった。
d0183174_08474537.jpg
この試合はスキップ・小笠原の調子がイマイチだったようで投球に安定感がなくミスも多く、日本チームは自滅してしまったようだ。まだ試合は10試合あるので今日の2試合は連勝する意気込みで戦ってほしい。
そしてF1開幕戦オーストラリアGPの予選がはじまった。マクラーレン・ホンダは予選早々にバトンが9番手のタイムをマークするが、各チームがタイムを出すにつれてどんどん順位をさげ、最終アタックもタイムは短縮したが予選結果は走ったチームでビリという結果となってしまった。
d0183174_08475393.jpg
合同テストのときからの懸念事項であったが、全開で走ることがなく、予選も安全にということが働いてしまった結果なのかもしれない。今日決勝レースはデータ収集をすることを目標に、完走目指して走るという割り切りも必要なのではないかと思う。
今朝はテニスのATPマスターズ・BNPパリバ・オープンの2回戦、錦織圭vsR・ハリソンの試合がNHK-BS1で生中継された。ATPマスターズは4大大会に次ぐ大会として位置づけられており、錦織も優勝したいとインタビューで答えていた。
第1セットはお互いのサービスをブレイクする戦いとなり、3-3からハリソンのサービスゲームをブレイクした錦織が6-4でセットをものにした。
第2セットもいきなりハリソンのサービスゲームをブレイクした錦織はその後は自身のサービスゲームはキープして結局6-4とストレートで2セットをとり勝利、3回戦に進出した。
この試合、凡ミスが多かったように思えたが、解説者の言によれば先週のデ杯戦のコートと違ってバウンドしてからボールが弾む特徴があるのでコートにあわせるのに時間がかかったとのことだそうだ。
3回戦の相手は世界ランキング31位のフェルナンド・ベルダスコで過去2連敗と若干相性が悪い選手のようだ。
参考URL → 「決めきれなかった」
参考URL → ハミルトン貫禄のPP
参考URL → 今季マスターズ初戦に勝利

[PR]
by motokunnk | 2015-03-15 08:49 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/21631546
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 今年もメルセデスは速いし強い! 戦艦武蔵、深海からの生放送、そ... >>