カーリングはまさかの連敗、そして国学院大学博物館のお話

カーリング女子世界選手権の日本チームはアメリカ、ロシアに連敗してしまった。アメリカチームは連敗中だったので勝てると思っていたが、ソチ五輪の二の舞を演じてしまった。
d0183174_08524189.jpg
4勝3敗となってしまったが、上位と思われるチームも星のつぶし合いをしているので順位は4位タイである。今日から後半戦だが、連敗ショックははらいすてて目先の1戦の勝利目指して全力を出し切ってほしい。
カーリングの間に国学院大学博物館の見学をしてきた。我家から歩いて数分の散歩道の途中にある博物館で、大学付属なので大した展示物はないと思っていたのだがこれが大きな間違いであった。
d0183174_08525142.jpg
企画展が「渋谷の縄文・弥生時代」だったので渋谷の遺跡についての展示があると思っていたが、その展示以外にも国学院大学の考古学についての造詣の深さを体験することができた。
「渋谷の縄文・弥生時代」の展示については豊沢遺跡や猿楽遺跡など散歩の途中で知りえた情報が系統だって紹介されていたので年代がはっきりわかり自分の中での整理に役立った。
d0183174_08530055.jpg
d0183174_08530853.jpg
常設展示は大きく3分野にわかれており、神道、考古そして校史の分野で大学が保有している土器や写真、史料などが紹介されていた。
神道の部分は神学部があるだけあってかなり詳しく紹介されておりためになることが多々あり勉強になった。
近所なのでまたゆっくりと時間をとって見学したい施設である。
さて今日は大谷翔平のオープン戦最後となる先発予定の日である。過去2試合、投球バランスが悪くどうしたものかと心配していたが、その後投手コーチとの面談で不調の理由を解明してきたそうだ。
ただ17日に熱発で練習を休んだそうで果たして今日先発するかどうかは微妙である。
d0183174_08531676.jpg
オープン戦絶不調の日本ハム、開幕に向けて連勝で締めくくってほしいのだがまだまだ前途多難のようである。

[PR]
by motokunnk | 2015-03-18 08:55 | 美術館・博物館・美術 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/21639369
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 夢はかなわずそして大規模テロ事件発生 世界に挑戦、カーリングと錦織圭 >>