錦織はベスト8どまり、斉藤佑樹は?

昨日、私が注目していた日本ハムの斉藤祐樹が千葉ロッテ戦に先発した。千葉ロッテの先発は唐川侑己、昨年785日ぶりに勝利をあげたときの対戦相手とそのときの先発投手である。
ゲンをかつぐわけではないがいい感じで試合がすすんでいくような気がした。そして試合も予感通りにいい流れができてきた。2回に下位打線で二死満塁のチャンスをつかむと、一番で先発した谷口が先制タイムリー、田中賢介も続いて一挙に3点をあげ、この試合も先制した。そして3回には中田翔が2号ホームラン、4回も3点をあげて8-0と一方的な試合となった。
ここまで斉藤祐樹は無失点の好投であったが、4回に突如リズムが崩れてしまった。相性のよくない角中をアウトにしたのはよかったが、今江、井口、クルーズに3連打を浴びて2失点、二死後から肘井にもプロ初ヒットを打たれてしまい3点目を献上してしまった。8点をリードしているとは思えない乱調ぶりでこの試合はどうなるのだろうかと若干不安となってしまった。
続く5回も斉藤祐樹の調子は不安定で角中、今江に連続ヒットを打たれたところで投手交代、せっかくの勝利投手に権利獲得まであと少しだったのをふいにしてしまった。代わった藤岡はこの回はぴしゃりと抑えたが続く6回にクルーズにホームラン、根元に2塁打と連続長打を浴びて谷元にマウンドを譲ったが、ロッテに傾いた流れは谷元にも止めることは出来ずについに8-0から8-8と追いつかれてしまった。
d0183174_08535674.jpg
8点差を追いつかれた試合を観るのはたぶん初めてだと思う。これで流れは一気にロッテとなりそうだったが、7回の攻撃で近藤、岡の連打で勝越し点がとれたのが大きかった。先頭打者の谷口の振り逃げも飛び出し、不調だった陽のライト線に落ちる2塁打もあってこの回4点をあげ、12-8と再び4点差をつけ、その後は必勝パターンの投手リレーで12-9と乱戦を勝利、開幕2カード連続して勝ち越した。
不動の先頭打者と目論んでいた西川が不調(開幕3戦目で終盤にレフトファールフライを取ろうとしてフェンスにぶつかり足にダメージを受けてしまったこともあるのか)の交替として出場した岡、谷口がこのロッテ戦では大活躍、新外国人選手2人も3割近くの打率をあげて開幕から好調である。今年は近藤の捕手として先発して打撃好調で、この試合に限らず投手陣を打撃がサポートという昨年とは違う試合を魅せている。
今後は接戦も多くなるであろうが、接戦に強くなることもチーム力アップの大きな要因、若手の多い日本ハムにとって成長力も大きいはず、ぜひ接戦に強いチームに変身していってほしい。
開幕して2カードが終わったばかりだが、プロ野球解説者の予想したパリーグの2強であるソフトバンク、オリックスがスタートダッシュできずにパリーグは西武が5連勝、日本ハムが4勝2敗と上位にきている。そしてセリーグも私が注目している横浜DeNAがこちらも首位候補と下馬評が高かった広島に3連勝と4勝2敗と好調である。巨人、広島相手にこの成績、今年はかなり期待していいのではないだろうか。
さて今朝行われたATPマスターズ・マイアミオープン準々決勝、錦織圭対イズナーの試合は4-6、3-6のストレートで錦織が負けてしまい、2年連続してのベスト4進出は夢に終わってしまった。
この試合、イズナーはこのトーナメントに入って1度もサービスゲームをブレイクされていないそうで、その調子によさが錦織戦でも発揮された。そしてサービスの良さに加えてフォアハンドのよさも目立ち、ほとんどミスなくパスが決まるイズナーにとってはいいリズムで試合が運べた。
一方の錦織は得意のリターンが打てずにサービスをブレイクすることができず(ブレイクポイントも結局とれない完敗であった)、いいところなく負けてしまった。これでマスターズ大会の優勝はまた次戦ということになってしまった。ちょっと残念な結果である。

[PR]
by motokunnk | 2015-04-03 08:55 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/21680122
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ドイツ旅客機事故原因と維新の党... エイプリルフールとエトセトラ >>