田中将大、喜べない今季初勝利、大谷翔平は月間MVPへまっしぐら

ヤンキースの田中将大投手が昨日のレッドソックス戦に先発した。前回の登板では満足な投球ができていなかっただけに注目の登板である。またヤンキースも地元での開幕6戦、ここまで1勝4敗と負越しており、負けられない1戦でもあった。
1回を3者凡退でまずまずのスタートをきったマー君、その裏ヤンキース攻撃陣が大爆発した。A・ロッドの満塁一掃のタイムリー2塁打などで大量7点をマー君にプレゼント、これでマー君の投球は楽になったと思われた。事実、2、3回はともに安打、四球はだしたものの後の打者はしっかりおさえた。
ところが4回に突如制球を乱してしまった。オルティスを2ストライクと追い込んだまではよかったが、慎重になりすぎて結局四球をだしてしまった。どこかで聞いた話だが先頭打者を四球で出塁させた場合は40%以上の確率で失点するそうである。いやな気分になりながら試合を観ていると、次打者の2、5球目でマー君の決め球であるスプリットがホームベースのかなり前でバウンドする暴投となりなんなくオルティスは3塁へそしてセンターに大きなフライを打たれて無安打で失点してしまった。
一死で無走者となったので気持ちを切り替え後続打者に向かえばよかったが、続く打者にヒット、四球を与えてピンチとなり、2塁ゴロを焦った2塁手がセカンドへ悪送球、これで満塁のピンチを招いてしまった。この回、急に決め球のスプリットがワンバウンドするなど決まらなくなってしまったことがピンチを招いた原因と思う。
そしてタイムリーで2点を失い、その後は2三振を奪ってようやく長かった4回表の投球を終えた。この後5回にもホームランを打たれて5回4安打4失点、味方の大量援護に助けられて今季初勝利をあげたが、肘の不安は解消されたとはいえない投球であった。次の登板はどんな内容になるのであろうか、期待半分、不安半分である。
d0183174_08391986.jpg
一方、日曜日の福岡ソフトバンク戦で今季早くも3勝目を挙げた日本ハムの大谷翔平選手、こちらには月間MVPの声があがっている。スポーツニュースでは解説者の一人があのピッチングをされたら打者はヒットを打つことができないと言っていたほど見事な投球であったそうだ。
7回には160kmの球速もマークし、味方打線が1点先取した後の投球では3者連続三振をとるなど投手としてますます進化しているような気がする。これで打者としても頑張っているのだからその才能の計り知れない大きさにビックリである。どこまで大きな選手となるのかこちらは楽しみながら見守っていきたい。

[PR]
by motokunnk | 2015-04-14 08:41 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/21709139
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 原発再稼働止め、マスコミの反応... F1中国GP、いつものようにメ... >>