MLBとNPB、エースの競演とMotoGP

昨日はMLBヤンキースの田中将大、NPB日本ハムの大谷翔平と日本を代表する投手がチームに勝利をもたらした。
まず、ヤンキースの田中将大投手。過去2試合は投球内容が不安定で自責点も多く、やはり肘の影響があるのではと思われていたが、昨日はそんな心配は関係なし、速球、スプリットとも前回登板のときとは見違える球威があった。
試合はレイズの先発オドリッジとの投手戦となり、5回までお互いにチャンスらしいものはない展開であった。先取点が重要な試合であったが、6回にその先制点がヤンキースにはいった。一死から連続四球で1、2塁とチャンスをもらい、二死後にマキャンが右翼への三塁打をはなち、マー君を援護する2点を先制した。
d0183174_09040418.jpg
するとその裏のマー君、先頭打者に二塁打を打たれるが後続を連続三振、内野ゴロで打ち取りゼロにおさえ、味方の7回7得点のビッグイニングを演出した。マー君は7回を2安打無四球8奪三振の好投で2勝目を挙げた。
この投球が次の登板でもできれば、完全復活と考えてよいのではないかと思う。次の登板が楽しみである。
さて、日本ハムの大谷翔平も楽天戦に先発した。こちらはたちあがりに注目していたが、今回も先頭の松井に死球を与えて一死三塁のピンチを作ってしまった。苦手の銀次は遊直で打ちとったがペーニャに四球を与えてしまうなど不安定な投球でどうなることかと思ったが、藤田を左飛におさえて何とか無失点で切り抜けた。
2回以降は前回登板のソフトバンク戦のように投球が安定(特にストレートが低めに制球されていたのがよかったし、緩いカーブでストライクをとれたことも大きかった)し、楽天打線をゼロに抑えていった。
d0183174_09041177.jpg
一方の楽天先発の戸村も好投し何故か午前中のヤンキースvsレッズ戦を観ているような感じであった。6回に試合が動いたのも同じであった。先頭の西川が二塁打をはなち、バントで三塁におくられ、田中賢介の内野ゴロの間にホームを駆け抜け待望の先制点を大谷にプレゼントした。
その裏の楽天の攻撃を連続三振と苦手・銀次には安打を打たれるも盗塁を阻止してゼロにおさえ、8回に待望の追加点がはいり、終わってみれば、4安打2死四球7奪三振無失点の完封勝利をあげた。これで今シーズンは無傷の4連勝である。またこの試合、連敗中のチームを救ってこともチームにとっては大きかったと思う。開幕ダッシュがとまりかけたところで3連敗となるとチームの勢いが消沈してしまう。
この一番で勝利をあげるのがチームのエースである。大谷翔平にエースの雰囲気が出てきた試合でもあった。次回の登板は26日日曜日の地元で開催のオリックス戦だそうだ。無傷の5連勝となるであろうか、楽しみではある。
そして未明に開催されたMotoGPの第3戦アルゼンチンGPは大逆転でロッシが今シーズンの2勝目をあげた。レースはポールポジションからスタートしてホンダのマルケスが2位との差を順調に拡げていき、2連勝は確実かと思われていた。しかし、熱さのためかタイヤコントロールがうなくいかずに徐々に2位に進出したヤマハのロッシに追い上げられ、残り2周となったところでちょっとしたミスを犯してしまい、トップの座を譲ってしまった。
d0183174_09041884.jpg
ここで焦ったのかマルケスはロッシのテールに接触して転倒しリタイアしてしまった。当地初優勝で最高峰クラス84勝目、キャリア通算110勝目を挙げ、ポイントランキングでも首位の座を守った。次戦からはヨーロッパラウンドがはじまる。マルケスの反撃ははじまるのだろうか、注目したい。

参考URL → 田中将大、自らが語った勝因・写真転載サイト
参考URL → 楽天イーグルス 対 北海道日本ハム・写真転載サイト
参考URL → Rossi takes second victory of the year・写真転載サイト
[PR]
by motokunnk | 2015-04-20 09:05 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/21724277
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< メルセデスの速さ、フェラーリの... 代々木公園ではアースデイ東京2... >>