MLB・岩隈が不調、錦織圭は順調な滑り出し

マリナーズの岩隈久志投手が今シーズン3度目の先発をした。相手はアストロズである。アリーグ西地区の優勝候補といわれていたが、勝率5割前後をうろちょろしている現状を誰も予想していなかった。
ただ、打線が開幕当初の不振から脱したように思えるのが上昇のきっかけとなるのかもしれない。そんな期待をこめて岩隈先発試合を観ていたが、肝心の岩隈がどうもピリッとしない。解説者も言っていたが、フォームがふわっとしている。
d0183174_08360776.jpg
そのためか、球がふわっとしてホームプレイトまで投げられていた。試合でも2発のホームランを打たれてしまったが、どちらも打たれた瞬間にホームランとわかる完璧な1発、いくら味方打線が5点をとって逆転してもらっても監督としては不安でしようがなかったと思う。
先発投手の一応のノルマである6回終了を待たずに降板させたのは納得できる出来であった。修正能力が高い岩隈久志であるので、次回の登板は何とか試合を作ってくれるのではないかと期待したい。
そしてテニスのATPワールドツアー500・バルセロナオープンが開幕した。昨年の覇者として第1シードで臨む錦織圭の初戦が行われ、ロシアのティムラズ・ガバシュビリを6-3、6-4のストレイトで勝ち上がった。このまま順調に勝ち進んでいくと決勝ではランク4位のナダルとあたることになる。
d0183174_08361424.jpg
地元のナダルを撃破してバルセロナオープン連覇を達成し、続いて開催されるマドリッドオープンで悲願のATPマスターズ1000優勝を達成してほしい。

[PR]
by motokunnk | 2015-04-22 08:37 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/21729633
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 平成のON砲と統一地方選挙の話題 メルセデスの速さ、フェラーリの... >>