佐藤琢磨は9列目から悲願のインディ制覇へ

先日のブログで紹介したが、インディ500の予選が雨で順延となった。1日に短縮された予選が開催された。そして予選開始直前に予選参加するマシンのフリー走行が行われ、1台のマシンがスピンして宙に舞うトラブルが発生した。
インディの予選では、ターボのブースト圧をあげて出走することが許されておりホンダ陣営もブースト圧をあげるとシボレーエンジンに遜色ない走りが期待できるといわれていた。そのブースト圧を下げるルール変更がなされてしまい、ホンダ陣営としては痛いルール変更であった。
そんな中で予選は開始され残念ながら佐藤琢磨は27番手のタイムを出すにとどまってしまい、決勝は9列目からのスタートとなってしまった。
d0183174_08341398.jpg
「本当に残念な予選結果です。(今日は)スピード確保に苦しみ、自分たちの考えていたような予選アタックができませんでした。しかし、月曜日から続いたプラクティスでは、非常に力強い走りを実現できていました。決勝用セッティングでのマシンには(本来は)スピードがあるはずですし、決勝で速いことこそが重要です。明日のプラクティスでさらにマシンを良くして、次の日曜の決勝に備えたいと思います」とコメントしている。決勝の走りに期待しよう。
テニスのATP世界ランキングが更新され、錦織圭は5位にあがった。このランキングで全仏に挑むのであるが、もうすぐ発表される全仏オープンのトーナメント表で錦織圭はどのブロックにはいるのであろうか。ベスト8までは上位ランカーとの対戦はないはずだが、ベスト4でビッグ4と対戦するはず、果たしてその対戦相手は誰になるのか興味はつきない。
ルマン24時間レースまで後1カ月となった。現在の最新エントリー、参戦予定ドライバーが発表された。総合優勝を争うLMP1クラスは14台が参戦予定で、トヨタは2台、ニッサン、ポルシェ、アウディはそれぞれ3台のエントリーを行っている。そしてトヨタ1号車には、スパのフリー走行で事故った中島一貴の名前が掲載されている。ルマン参戦に向けて懸命なリハビリを行っているそうだ。そのことがトヨタのサイトで紹介されていた。
昨年のルマンではポールをとり、1位を快走中に電気系統のトラブルでリタイアしてしまった悔しさにリベンジするため、懸命に体力回復を行っているのだと思う。後1カ月どこまで復活するのか期待したい。

[PR]
by motokunnk | 2015-05-19 08:35 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/21799970
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ハチ公没後80年だそうで 大坂都構想は反対票が過半数、橋... >>