日本ハムは連勝で交流戦前の首位通過決定、モナコGPはバトンが10番グリッドからスタート

日本ハムが交流戦前の天王山と位置付けているソフトバンク戦の第2戦が行われた。吉川、スタンリッジの5勝をあげている投手同士の対決であった。
試合が動いたのは2回裏であった。スタンリッジ攻略は四球からという監督の作戦通りに近藤が四球を選び、岡の1塁ゴロで二進し、浅間の内野安打で一死1、3塁と先制のチャンスをつかんだ。続くレアードも四球を選んで一死満塁、打席には杉谷がたった。カウント2-2からはなった打球は前進守備の1塁手の頭をこえる幸運なヒットとなり、先制点をあげた。
そして昨日のヒーローの西川をむかえた。カウント3-0からの4球目を強振すると打球はライトスタンド一直線、自身初めての満塁アーチで5-0と大量にリードを奪った。
これで吉川は楽に投球ができる環境とはなったが、ソフトバンク打線を意識するあまり球数が多くなって抑えることはできてもピンチはつくってしまった。
一方のスタンリッジであるが、昨日の大谷と同じで2回以外は完璧な投球で日本ハム打線にチャンスをつくらせずに味方の反撃を待つ展開となった。
4回に吉川は二死から連続2塁打で1失点、5回も二死から柳田に本塁打を打たれてしまう。ピリッとしない投球であった。内川にもヒットを打たれて、松田に四球を与えたところで投手交代、後1人を抑えれば勝利投手の権利が取れるところでの交代劇に栗山監督の勝ちへの執念を観た気がした。この1発でれば同点のピンチを鍵谷が三振で切り抜け、続くガラテも6回に2塁打、四球で二死1、2塁のピンチを招くが後続をおさえた。
d0183174_08583531.jpg
どうも試合の流れはソフトバンクにむいているような嫌な展開であった。7回裏にスタンリッジから飯田に投手交代、このチャンスに杉谷が死球で出塁、今日も絶好調の西川がヒットでつなぎ、中島バントで一死2、3塁の追加点のチャンスをつくった。
ここで田中賢介がしぶとく中前におとして待望の6点目をゲットした。そして〆は中田翔であった。フルカウントから打った打球はライトポール際に入る3ラン、これで勝負あったである。昨日に続いてのホームラン、昨日はレフト、今日はライトと2本とも中田ならではという1発であった。
試合はこのまま9-2で終了した。スコアをみれば日本ハムの楽勝のように思えるが、あのとき打たれていたらという場面も多々あり、首位攻防戦にふさわしい一戦であった。今日、日本ハムの先発は有原航平である。ドラ1ルーキーの2試合目の先発試合に注目しよう。
昨夜にはモナコGPの予選が行われた。他のGPも予選は重要だが、モナコGPはコース幅も狭く予選のポジションが重要である。マクラーレン・ホンダは2台ともQ1を通過し、Q2へ。Q2も通過し、チーム初となるQ3進出が望めたが残念ながら2台ともQ2どまりであった。
アロンソはマシントラブル、バトンはタイムアタック周のイエローフラッグでタイムがのびなかった。それでも予選上位車にグリッドダウンがあり、バトンは10番手、アロンソは13番手から決勝レースに臨むこととなった。今シーズンの初入賞の期待大である。
d0183174_08584328.jpg
全仏オープンが開幕し、今日深夜には錦織が登場する。初戦の相手は地元のマチューである。怪我の影響でランクは下位だが、実力はあり侮れない選手である。しっかり初戦突破してほしい。
同時刻、インディ500マイルレースも開催されている。こちらは佐藤琢磨の走りに注目である。予選9列目からどこまで追い上げられるかに期待したい。

[PR]
by motokunnk | 2015-05-24 09:01 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/21812497
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ハミルトンまさかのピットインで... オークスで1番人気馬が連敗の今... >>