ヒカリエで開催されている写真展、錦織圭はベスト16一番乗り

昨日の朝めざましTVを観ていると、ヒカリエ8階で写真の展覧会が開催されていることが放送されていた。最近とんとご無沙汰しているヒカリエ8階のイベントフロア、どんな展示会が開催されているのか覗いてみることにした。
8階がオープンするのは午前11時からなのでその時刻にあわせてヒカリエに行くと、すでに8階にはいつもよりは多い人が来ていた。また展覧会関係者と思しき腕に腕章をつけた人もかなりいたように思えた。東京カメラ部という文字がやたら目につく展示会なのでちょっと調べると東京カメラ部主催の展示会であることがわかった。
d0183174_08370372.jpg
また8階のクリエイティブスペースも多くのスペースを貸し切って展示スペースとしていることも力をいれているなあと思った。
展示会場には各所にご覧のような貼紙があり、撮影自由、公開推奨と来客に宣伝活動をお願いするような私からすれば新しい集客活動だと感じた。
d0183174_08371120.jpg
d0183174_08371979.jpg
期間も来月14日まで19日間開催で、毎日有名写真家によるトークショーも開催されるそうだ。写真好きの方、足を運んでみてはいかがであろうか。
さて全仏オープン3回戦、錦織圭はドイツのベッカーと対戦する予定であったが、そのベッカーは右肩の怪我により棄権を申し入れた。これにより、錦織は思わぬ形で2年ぶりのベスト16進出となった。
大会初のベスト8進出をかけて錦織は、4回戦でL・ロソル(チェコ共和国)とT・ガバシュビリ(ロシア)の勝者と対戦する。グランドスラム大会は2週間の長丁場であり、体力面で若干心配のある錦織圭にとっては価値ある不戦勝のような気がする。
FIFAが激震している。米国司法省は27日、汚職の疑いでFIFA副会長2名を含む複数名を逮捕・起訴したというニュースが発信された。
ブラッター会長は27日「当局による捜査を歓迎している」と声明を出し、「不正を根絶するためにFIFAが取ってきた対策を強化する助けになる」と主張。29日の会長選を現時点では予定どおり開催するという姿勢を取っているが、会長辞任要求の声もあり、会長選挙直前に米国司法省が逮捕に踏み切ったタイミングなど謎も多いことは確かである。
参考URL → 東京カメラ部2015写真展
参考URL → 錦織が不戦勝で4回戦進出
参考URL → 汚職疑惑に揺れるFIFA

[PR]
by motokunnk | 2015-05-29 08:38 | 日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/21835132
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 火山噴火と名人戦とルマンテスト... 錦織圭、2年ぶりの3回戦進出 >>