年に1度のフェア見学、そして雑談

退職してから東京ビッグサイトで開催されているフェアに行かなくなってしまった。以前は情報セキュリティ関連セミナーなどで足しげく通っていたのであるが、業務上必要ということがないと足が向かなくなってしまった。
そんな中で「東京国際ブックフェア」は行きたいフェアのひとつである。7月1日から開催されており、首都圏は開催期間中の天気予報は雨なので、どうしたものかと思っていたが、昨日雨が止んだのでこの機会を逃さず、お台場まででかけた。
d0183174_08112695.jpg
お昼前後に会場にいったので、お昼休みということもあっていつもほどは会場も混雑していなかったようである。毎年感じることなのだが、さすがに国際ブックフェアというだけあって、アジアの企業が多数出展していることも観ていて楽しい。「日本語できます」という貼紙があるブースもあり商談をしたがっていることが読み取れた。
そして今年から「先端技術コンテンツ展」が併催されていた。何かと思えばヴァーチャルリアリティや人工知能などを活用したコンテンツ作成企業の展示会であった。
d0183174_08113280.jpg
こちらも今後の成長分野だけあってデモなどに活気があった。
そして夜はプロ野球、日本ハムの大谷翔平が両リーグ最短での10勝目をかけてオリックス戦に先発した。ここ数戦と違って初回に失点する嫌な流れであったが、持ち前の修正能力の高さから2~5回を3者凡退で打ち取るピッチングを披露した。しかし7回、ブランコを三振に打ち取ったところで指にマメができてしまい降板することとなった。
その後リリーフ陣が同点に追いつかれてしまい、10勝目はならなかったが、日本ハムは同点直後に杉谷の決勝打、レアードの3ランで決勝点をとり、8-4でオリックスに競り勝った。
d0183174_08113789.jpg
首位ソフトバンクが好調であるので、この試合はぜひとも勝たなければいけない試合、この試合を勝ったことは大きいと思う。

[PR]
by motokunnk | 2015-07-03 08:12 | 日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/21921868
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< プロ野球、セリーグは史上初の珍... 錦織圭、無念の棄権、そしてなで... >>