プロ野球も前半戦が終了、セは混戦、パは1強?

プロ野球も昨日で前半戦が終了し、オールスターゲームを挟んですぐに後半戦がスタートする。前半戦終了といっても試合数からいけばとっくに折り返し地点は過ぎており、各チームとも残り60試合程度に全力をかけていくということになる。d0183174_08294960.jpg
昨日の試合、勝てば首位と1.5ゲーム差となる日本ハムは残念ながら4-7で負けてしまった。強風を一昨日の試合は味方にすることができたが昨日の試合は味方にはできなかったようだ。
初回にラッキーな形で2点先取したが、あっという間に同点に追いつかれてしまった。試合の分岐点は6回ではなかったかと思う。5回裏に1点を勝ち越した後、中継ぎ投手として大谷翔平をマウンドに送る選択はなかったのであろうか。
大谷をマウンドに送ることによって味方の士気を高める効果もあり、この試合を勝てたかもしれないと思う。
負けはしたが、単独2位で前半戦終了は見事である。最近のチームの調子が下り坂ということを考えるとオールスター期間はちょうど良い休養期間となりそうだ。
陽岱鋼も怪我から復帰してようやく長打、そしてマルチヒットがでて復活の兆しがつかめたことは後半戦への明るい材料と思う。中田、陽岱鋼の打の2枚看板が揃って、ソフトバンク追撃のノロシがあがるというものだ。
そしてセリーグでは横浜DeNAが首位で前半戦を終了した。昨日の試合、私の注目している砂田が先発、悪いながらも自身初となる7回を109球5安打4奪三振3四球2失点でまとめたことが9回裏のサヨナラ劇を演出したのではと思う。
d0183174_08295638.jpg
また筒香の守備も素晴らしかった。横浜DeNAも日本ハムと同様、若いチームであり、チーム一丸となって戦っている。首位ターンは17年ぶりだそうだ。ジェットコースターのような戦績だが、ひょっとするとシーズン終了時にも首位ということがあるかもしれない勢いを感じてしまう。

[PR]
by motokunnk | 2015-07-16 08:31 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/21952290
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 世界野球プレミア12好捕選手発... 熱い戦いが北の大地で横浜で >>