大谷5失点でも11勝目、そしてF1、鈴鹿8耐

大谷翔平がチームの連敗阻止のマウンドにたった。場所は西武の本拠地で今まで唯一勝星のない球場であった。
立ち上がりからいつもの大谷らしくない投球が続き、毎回ヒットを打たれてしまう。3回にレアードの先制アーチなどで3点をもらった後のピッチングにも冴えがなかった。
いつもであれば、中盤以降は持前の修正能力でピッチングを修正してきたのであるが、4回には中村に300号となる記念の一発を浴びてしまった。
d0183174_08273856.jpg
そして5回表、追加点をもらい5-1とリードを拡げて迎えた中村との対決、前の打席で一発を打たれているので、慎重に攻めると思われたが、うまく中村に打たれてしまい、大谷翔平としては自身初となる満塁アーチの献上であった。
試合はその後、日本ハム打線が爆発し13-5で勝利したが、大谷翔平にしてみれば課題満載の11勝目であった。
大谷翔平のゲーム2被弾は通算4度目だが、同じ打者に2本打たれたのは初、満塁被弾も初めてになった。また1試合5失点以上は14年9月21日楽天戦の7失点を最多に7度目。過去6度の勝敗は-●-●--の0勝2敗となっており、勝ったのは初めて、今年の大谷は運もありそうだ。
そして週末はF1はハンガリーGPが開催される。昨日行われたフリー走行、マクラーレン・ホンダのアロンソは8位、バトンは12位とまずまずのポジション、今日の予選でQ3進出が期待される。
鈴鹿サーキットでは恒例となった真夏の祭典、鈴鹿8時間耐久ロードレースが日曜日に開催される。鈴鹿サーキットは各種イベントで盛り上がっているようだ。

[PR]
by motokunnk | 2015-07-25 08:29 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/21973354
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< パリーグの灯は消さない、日本ハ... 未明のMLBは日本人投手に明暗... >>