トレード候補は大乱調、日本ハムのルーキーは、そして東京オリンピックロゴは盗作?

7月31日がMLBではトレード期限となっている。そのトレード候補にあげられている(と予想されている)マリナーズの岩隈久志が地元でのダイヤモンドバックス戦に先発した。
この日の岩隈は制球に精彩を欠いたようで、投球が高めにいっていたような気がする。毎回ランナーをだしてしまい、1、3回には失点してしまった。3回に1点差に迫った4回は三者凡退に切り抜けたが、5回二死から不用意に投げた球(ど真ん中にいってしまった!)を打たれたこれで1-3、続く6回にも連打を浴びてしまいKOされてしまった。
d0183174_08443420.jpg
5回2/3を投げて10安打、1四球、5三振、6失点で今季2敗目を喫した。前3試合の登板が素晴らしかっただけにこの日の登板はちょっと?である。
1試合の結果がトレード市場に影響するとは思えないが、次回の登板はいつになるのか、マリナーズであれば8月2日だそうである。
そして夜のプロ野球、日本ハムはオリックスとの対戦である。オリックスの先発は東明、7月は3勝無敗と絶好調である。日本ハムの先発は有原航平、ここ数試合は結果が出せないでいる。客観的には日本ハムにとって厳しい試合となりそうだ。
ただ東明投手、日本ハムには2連敗と相性が悪いのが救いである。有原にとって救いだったのは初回、2回とオリックスのまずい攻撃に助けられたことである。初回は三振、盗塁失敗、そして2回はヒットエンドラン失敗による盗塁死である。
そして流れは日本ハムに。3回、二死1塁から中島が走り、田中が打ったあたりはバウンドしてファーストの頭を超えるヒットとなり、1塁から中島が俊足を活かして先取点をあげた。続く陽岱鋼にもタイムリーがでてこの回2点を先取した。どうも東明、日本ハムには相性が悪いようだ。
先制点をもらった有原であるが、投球はピリッとせずに4回には無死2塁のピンチを招いてしまった。一死3塁となったがT-岡田、宮崎を打ち取り無失点で切り抜けたことが5回のビッグイニングにつながったと思う。
d0183174_08444232.jpg
5回も3回の再現となり、足をからめて得点をかさね、最後はこのところ絶好調のレアードが3ランで締めくくり8-0とリードを拡げてこの試合を決定づけた。レアードは打率を2割台にのせ、本人が言う暑くなれば調子があがるということを証明しているような活躍である。今日も期待してしまいそうだ。
有原航平は7回を投げ、6安打、2四球、3三振、無失点で今季5勝目をあげた。今日は場所を京都に移しての第3戦、日本ヘムの先発は新垣勇人、2013年のドラフト5位で一軍初登板である。ファームで好調な投手、果たして1軍のマウンドでも好調さを維持できるかが注目である。
2020年東京オリンピックは新国立競技場建設問題で揺れているが、先日発表されたロゴにも盗作疑惑があがってしまった。
ベルギー・リエージュ劇場のロゴを制作したオリビエ・ドビさんが、劇場のロゴとデザインが似ているとして弁護士と協議し、対応を検討しているという。
d0183174_08445064.jpg
五輪エンブレムをデザインしたアートディレクターの佐野研二郎さんは、大会組織委員会を通じて「特にコメントはない」とし、組織委の広報担当者は「発表前にベルギーを含めて世界中の商標確認をしており、問題ない」と話しているというが確かに似ているといわれれば似ているような気もする。
いろいろな問題が噴出している東京オリンピック・パラリンピックである。

[PR]
by motokunnk | 2015-07-30 08:47 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/21985746
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< MLB、マレーシア航空事故機発... ねこの写真展といえば岩合さん、... >>