岩隈完璧、早実辛勝、有原はアップアップ、そして錦織完勝

昨日のMLBで大記録がうまれた。岩隈久志が日本人投手としては2人目となるノーヒットノーランを達成したのである。
オリオールズ戦に先発した岩隈は3回まではパーフェクトピッチング、先制点をもらった4回に四球を出してしまったが、それ以降は3者凡退の山を築いて9回をむかえた。
先頭打者の3塁ファールフライを好捕してもらったことで、やってやろうという気になったそうで、後続を3塁ゴロ、センターフライに打ち取り、マリナーズ球団としては5回目のノーヒットノーラン達成だそうだ。
d0183174_08404794.jpg
DH精度のアリーグで達成したことも評価されるべきで前回は同じマリナーズのフェルナンデスが2012年に完全試合を達成して以来だそうだ。今季は出だしで故障してしまい出遅れたがこれから活躍してほしい。
そして夏の甲子園、早稲田実業が登場した。相手は広島新庄である。3回に清宮のヒットで先制し、4回にも追加点をあげ、このままリードを拡げるかと思われたが、4回裏に一挙5点を取られて逆転されたしまった。
d0183174_08405446.jpg
その後6-5とリードするが、8回裏に同点に追いつけれて9回に1点をあげ逃げ切った。これで3回戦進出である。3回戦の相手は東海大甲府、過去2試合を圧勝してきているだけに気がぬけない相手である。
夜のプロ野球、日本ハムはルーキー有原航平が先発した。前回の登板はソフトバンク戦で7回3失点、前々回のオリックス戦は7回無失点とここ2戦好投しているので、苦手の西武戦でも苦手意識払拭の好投を期待していた。(西武戦は2試合先発していずれも6失点、5失点とKOされている)
2回に中田の久しぶりの1発でリードをもらった有原であったが、すぐに逆転されてしまった。3回に再逆転して4-2と2点リードをもらったが、どうもピリッとしたピッチングができずに無視満塁のピンチを招いてしまった。このピンチ4、5、6番を3者連続三振に打ち取ったが、6-2とリードが拡がった4回裏にも無死満塁のピンチを招いてしまう。2回連続して満塁のピンチである。
d0183174_08410010.jpg
このピンチも何とか無失点で切り抜けた。5回は3者凡退に仕留めたが、6回、中田の3ランなどで10-2と大量リードをもらったあとの投球が情けなかった。無死1、2塁とピンチを招くが併殺打で二死3塁となり、続く秋山、脇谷に連打を打たれて10-4、ここで降板である。
この回、後続の投手が打たれて10-8と2点差まで追いつかれてしまったが、宮西、白村、増井の3投手が残り3イニングをピシッと抑えて今シーズン対西武戦勝越しを決定した13勝目をあげた。有原航平にとってはほろ苦い6勝目であったと思う。今度の登板ではぜひピシッとした投球を魅せてほしい。
大谷翔平が9回に代打で登場してホームランを放った。これで代打出場3機会連続ヒットである。そろそろ打撃も調子をあげてきたようである。中田も復調傾向だし、打にも期待がもてそうな日本ハムである。
追記:先ほど行われたATPマスターズ1000・ロジャーズカップ3回戦で錦織圭はゴフィンを6-4、6-4のストレートで破り、自身初となるベスト8に進出した。第1セットは第3ゲームをブレイクしてあっさりと6-4とすると、第2セットはゴフィンもファーストサーブの確率があがり、お互いのサービスゲームをキープ。第5ゲームでは背面の股抜きショットを見事に決めてみせるなどゴフィンを精神的にも揺さぶり、その後の第7ゲームでミスを突いてブレークに成功。そのまま6-4でこのセットもとり勝利した。
ベスト8の相手はビッグ4の一人のナダル、過去7連敗の相手であるが、昨年5月に対戦した際には第1セットを奪取しており、その後腰痛のため棄権している惜しい試合であったので実力差はほとんどないと思う。ぜひナダルから初勝利をあげてほしい。


[PR]
by motokunnk | 2015-08-14 08:42 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/22020643
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 今日は終戦記念日、70年談話は... 日航機墜落事故から30年、そし... >>