東京代表が2校とも準決勝へ進出、バンコクでは爆発テロ?

高校野球は準々決勝の試合が一番面白いといわれているが、昨日行われた準々決勝4試合もいずれも好ゲームであった。
私としては東京代表2校がともにベスト8まで勝ち進んでいったことが応援のしがいがあったし、関東地区の代表校が4校も残っていることが驚きでもあった。今年の高校野球は西高東低ではなく、東高西低である。
そして第1試合、早稲田実業と九州国際大付属の試合、2回裏にホームランで先制した早稲田実業が4回にも清宮の2試合連続となるホームランで4点を奪い、試合を決定づけた。これでベスト4進出である。
d0183174_08505615.jpg
第2試合も関東勢同士の白熱した試合となり、最後は東海大相模がサヨナラ勝ちをおさめた。そして第3試合は仙台育英対秋田商の東北勢対決。試合は6-3で仙台育英が勝利し26年ぶりに準決勝に進んだ。
そして第4試合、関東一校対興南の試合である。試合前に雷雨が甲子園球場を襲い、試合開始が1時間以上も遅れてしまった。
関東一校は昨日のヒーロー・長嶋が2回に2打席連続となるホームランを放って先制したが、すぐに興南に逆転されてしまった。しかし、3、4回と小刻みに得点を加えて3-2と試合を再逆転、興南の攻撃をしのいでいった。
しかし、7回裏に同点に追いつかれてしまい、嫌なムードが流れたが、最終回にオコエの1発が流れをかえた。過去4打席、興南の比屋根に完璧に抑えられていたオコエであったが、この打席は狙い球を絞って一振り、打球はレフトスタンドに吸い込まれた。
d0183174_08510496.jpg
その裏、興南も最後の攻撃で1点をあげて挽回したが、最後の打者が三振に打ち取られて万事休す、関東一校が初めてベスト4に進出した。
東京代表が2校ともベスト4に進出するのは28年ぶりのことだそうだ。組み合わせによれば、2校とも決勝進出の可能性がある。2校で決勝戦を戦うことになったら史上初のことなのであろうか。確か春の選抜ではあったような気はするが。
そして昨晩、ニュースを観ているとタイのバンコクで爆発事故があったそうだ。
d0183174_08511206.jpg
バンコクの中心部で日本人観光客もよく行く場所だそうで、20人近くの死亡者と多数の負傷者がでたという。タイ政府の発表ではテロ攻撃にあったとのこと、巻き込まれた日本人の1名いるそうである。怪我の程度が気になるところである。

[PR]
by motokunnk | 2015-08-18 08:55 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/22039330
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 岩隈が週間MVP獲得、そして大... 日本ハムの中村勝がうれしい今季... >>