岩隈が週間MVP獲得、そして大谷は自己最多の12勝目を完封で飾る

8月10日~16日までの1週間のMVPが発表され、マリナーズの岩隈久志が選ばれた。やはり12日のオリオールズ戦のノーヒットノーランの試合が評価されたようだ。
d0183174_08352307.jpg
日本人選手としては2012年のイチロー以来のことで、日本人としては過去野茂英雄さん、佐々木主浩さん、イチロー選手、松井秀喜さん、松坂大輔選手に続いて6人目だそうだ。今日、レンジャーズ戦に先発予定である。2試合続けての快投を期待したい。
そして昨夜は大谷翔平が自身最多となる12勝目をかけて千葉ロッテ戦に先発した。11勝目をあげてから2戦は負けており、いわば3度目の正直をかけての登板である。
初回からエンジン全開のようで、角中には2塁打を打たれてしまったが、他の打者は全て三振という過去2回とは異なる立ち上がりであった。この試合、Dバックス首脳陣が観戦している(ランディ・ジョンソン球団社長補佐もTV放送によくでていた!)のも気合が入った一因だったかもしれない。
d0183174_08353196.jpg
厚澤投手コーチの大谷評「きょうは『何もなし』ということでいいんじゃない?何も言うことがないよ。きょうの試合はお任せします。そういう状態だね」もそれを裏付けていた。
そして味方打線は3回に先制点を取った後、5回にもチャンスをつくった。一死から西川がヒットで出塁、続く陽のショートゴロはショートの野選を誘い、一死1、2塁とチャンスが拡大した。中島のサードゴロをサードが弾いて2点目をあげると、二死1、3塁から中田、近藤、レアードの3連打が飛び出し一挙に4得点をあげ、6-0と試合とリードした。
大谷翔平はその後は楽に投げることができ、9回115球6安打12奪三振1四球無失点の完璧な投球で自己最多となる12勝目を完封勝利であげた。
d0183174_08353899.jpg
初めて大谷の登板試合を観戦したというホール・Dバックス球団社長は「球威とコントロールの良さには非常に驚かされた」とコメントしたとおり、今シーズンでもベストに近い投球だったと思う。次の登板予定は25日の西武戦が可能性としては高い。西武の先発は岸のようだ。今シーズン3度目のエース対決となるが、果たして今回、両投手はどんな投球を魅せてくれるのであろうか。
さて、今日は高校野球は準決勝、果たして東京代表の2校の結果はどうなるのであろうか、楽しみに応援することにしよう。

[PR]
by motokunnk | 2015-08-19 08:41 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/22043455
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 岩隈150勝、東京勢はベスト4... 東京代表が2校とも準決勝へ進出... >>