ネットで話題の仙台育英キャプテンの一言、そして日本ハム、女子中学生殺人事件

高校野球が終わってしまったが、決勝で惜しくも負けてしまった仙台育英高校のキャプテンの談話がネットで話題となっているそうだ。
いろいろなサイトで取り上げられているが、佐々木柊野キャプテン、インタビューに答えてこう語ったそうだ。
「僕はこれで野球をやめます。母子家庭で私学に行かせてもらって母には苦労をかけました。卒業したら消防士になります」
何故消防士かというと「野球で、ひとりではなにもできないと学んだ。周りの人と協力して、人のためになる仕事がしたい」ということだそうだ。佐々木君、いい消防士になって東北復興を実践してください。
さて、日本ハムの進撃が止まらない。東京ドームにオリックスをむかえての3連戦。レジェンドユニフォームを着ての主催試合は3連勝と負けなしであったが、先発吉川にいつものキレはなく、ブランコの3ラン、追撃を開始し、1点差に追い上げたところで糸井にソロを打たれてしまった。
2-4となり、オリックスは早々に必勝リレーを開始し、6、7、8回を白仁田、岸田、平野でピシッとおさえて、9回、クローザーの佐藤が登板した。
この試合は負けを覚悟して観ていたが、大谷翔平が代打で出て。粘って四球、続く市川も粘ってフルカウントとなった。市川も四球を選ぶと何かが起こるのではと思っていたら、なんと市川同点ホームランをレフトスタンドに運んでしまった。これで同点である。
d0183174_08321363.jpg
レジェンドユニフォームの試合は前シリーズでも楽天相手にサヨナラ勝ちをしているので、その再現かと思っていると、10回裏に再現シーンがやってきた。打者はレアードに代わっていたが、無死満塁のチャンスは一緒、打球もヒットから犠牲フライとなったが、5-4でサヨナラ勝ちである。
この1勝は大きいと思う。ソフトバンクが雨天中止のときにサヨナラ勝ち、まだまだ首位の背中は遠くかすんでいるが頑張って首位いじめをしてほしい。
高槻の女子中学生殺人事件の容疑者が逮捕された。容疑者は40代の男性、動機はまだ不明だそうだが、女子中学生と一緒に行方不明となっていた男子中学生も遺体で発見されたそうだ。動機を含めた事件の全貌解明が急がれる事件である。
そもそも午後9時以降に夏休みといって中学生が一人で外出することを許している家庭があることもビックリの事件である。

[PR]
by motokunnk | 2015-08-22 08:33 | 日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/22062790
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 東京ドームで試合観戦 決勝は死闘という言葉が最適、そ... >>