MLBとU-18W杯とWECと橋下さん

MLBマリナーズの岩隈久志がホワイトソックス戦に先発した。前回登板であさかの7失点KOの汚名返上登板である。捕手も相性のよい(?)スクレなので期待できそうである。
いきなり初回に先制点を味方打線がプレゼントしてくれ、楽にマウンドに立てる環境ができたのも前回登板と同じであったのが気がかりではあった。
制球力がいい岩隈にしては四球の数が多く、3、4回はその四球がらみで失点してしまう嫌な展開であった。そして6回途中でマウンドを降りた。
d0183174_08502300.jpg
その段階では5-2とリードしており、6勝目は確実と思われて散歩に出かけてしまった。帰宅してTVをつけると7-2とリードが拡がっているので安心して観ているとマリナーズ救援陣がホワイトソックスの猛攻を浴びて8回に一挙4点を取られてしまい、結局7-6の接戦でかろうじて勝ちきった。
岩隈の8月は4勝1敗、防御率3.21、前回のKOがなければ、月間MVP候補に選ばれる成績だと思うだけにちょっと悔やまれる。
そして日本ハム対ソフトバンク戦。日本ハムの中村勝が好投を魅せたが、2点を先制してもらった直後に一死から死球をだしたことから崩れてしまい同点打を浴びてしまった。試合は引き分けに終わり、日本ハムの逆転優勝は個人的には消滅したと思う。ただ、ヤフオクドームでの苦手意識はこの3連戦で払拭できたことが成果ではないだろうか。また中村勝もソフトバンク相手に好投し、シーズン序盤の嫌な思い出も忘れることができたのが成果ではないか。
火曜日からはロッテ戦、ロッテの5年周期説をつぶす意味でも3連勝してほしい。
U-18ワールドカップの第3戦はオーストラリア戦である。日本の先発は小笠原慎之介、東海大相模のエースの登場である。小笠原、日本代表左のエースといわれるだけありストレートで三振をとり、オーストラリア打線をねじ伏せる。オーストラリア投手陣は制球が定まらねいのか四球を連発して2回に押し出しで日本に先制点がはいった。その後も6回に四球などで満塁となり、死球、四球で2点を追加した後、タイムリーがでてこの回4点を取り試合を決定づけた。
ただこの試合でここまで日本の打ったヒットは2本のみ、貧打が気になる日本ではあったが、9回に4番DHに入っている清宮に会心の2塁打がでて(清宮にしてみればシリーズ初ヒットの感覚だったと思う)、その後オコエにもタイムリー、ようやく打線につながりがでた得点であった。
d0183174_08503089.jpg
試合は10-1で勝ちこれでアメリカ、オーストラリアとライバル対決に勝利しグループAのトップが見えてきた。
そしてWECはドイツニュルブルグリンクで第4戦が行われた。レースはポールからスタートしたポルシェが安定した走りを魅せて優勝した。トヨタはポルシェの速さについていくことができずに予選と同様5、6位となってしまった。
9月の1戦を挟んで10月には地元富士での6時間レース、過去2連勝している地元での復活はあるのだろうか、現状の戦績を観る限りかなり苦しい状況だと思うが起死回生の逆転はあるのだろうか。
最後は政治家は?という苦言を一言。橋下市長は今年5月に行われた「大阪都構想」をめぐる住民投票で反対票が賛成票を上回った結果を受けて、「政界引退」を表明していた。テレビでの彼の記者会見の様子を見ていても、一世一代の大勝負に挑み、その結果、惜しくも敗れた橋下氏は終始笑顔で、その潔さが際立っていた。
そのわずか3カ月後、維新の党を離党するまではよかったと思う。そして維新の党所属議員はそのまま党に残るよう発言しておきながら舌の根も乾かないうちに新党立ち上げ宣言である。
3か月前のあの会見で言った2万%ありませんという発言は覆されてしまった。大坂市民に対する完全な裏切り行為だと思うのだが、政治家は所詮嘘つきなのであろうか。同じ嘘つきであるなら首相をずっと続けていたいと考えている安倍首相のほうがましのような気もするが。
d0183174_08503713.jpg
これで新党の人気がでたら大阪市民を馬鹿にしてしまう。今度の国政選挙、個人的には注目すべきネタがひとつ増えたと思う。

[PR]
by motokunnk | 2015-08-31 08:54 | 日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/22097499
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 今日から9月、U-18ワールド... 野球ネタ、3つ >>