今日から9月、U-18ワールドカップは予選リーグ突破したが

今日から9月、1日は防災の日である。関東大震災が起こってからもうすぐ100年となるが、防災の日がそのうち関東大震災発生日ということも忘れさられてしまうかもしれない。
東京は朝から雨模様であるが、私の住んでいる渋谷区でも区指導での防災訓練が行われる。午前9時に代々木公園他でスタートだが、雨なのでどうなのかなあと思ってしまう。渋谷区のホームページでは予定通り開催とのこと、雨さえ降っていなければ冷やかし半分出かけてみるのだが。
さてU-18ワールドカップであるが、昨日はチェコ戦が行われた。結果は16-0の7回コールド勝ちであった。今までの試合とは異なり、打線が16安打と活発にヒットで得点をあげるよいパターンに変わりつつあることは決勝ラウンドに向けての好材料ではないかと思う。
d0183174_08482010.jpg
清宮の膝の違和感、富田の死球による後遺症など、複数の選手に故障が発生しているようだがカバーリング選手の実力も遜色ないレベルなので問題ないと思われる。チェコ戦の勝利でグループAの首位通過が決まったそうだ。まずは第一段階クリアーである。
ワールドカップといえば、バレーボールも男女とも日本で開催されている。2位までに入るとリオ五輪の出場権が得られるのだそうだ。女子日本代表は昨日はアジアの宿敵・韓国戦であった。久しぶりにバレーボールをTV観戦したが、相変わらずの熱気を感じた。
第2セット中盤からの観戦であったが、日本、韓国とも一進一退の攻防戦で観ていてハラハラドキドキの連続であった。先にセットポイントを握られたが、ジュースに持ち込み、逆に長いラリーを制してセットポイントを握るとこのポイントも奪い、このセットを26-24で奪った。
これでセットカウント2-0である。この大会は勝敗が一緒だと、勝点の多い方、セット率などが高い方が上位となるそうで、ここは3-0でストレート勝ちが日本の狙うみちである。
第3セットも韓国がまず1点を先取するが、日本もすぐに追いつき、リードする展開に持ち込むと、韓国の粘りも第2セットほどではなく、あっという間に第3セットをものにし、宿敵韓国に勝利した。これで6勝1敗となり、2位に進出、今日はセリビア、アメリカ、ロシアを破って好調の相手との対戦である。
まだまだアメリカ、中国など強豪国との対戦を残している日本だが、地元の利を活かして何とか2位以内を確保したほしいと思う。
昨日からテニスの全米オープンがはじまった。錦織圭が昨年、準優勝した大会であり、期待が持てる大会である。その錦織が初戦に登場した。相手はペールである。
試合は錦織が第1セットを落とす波乱のスタートとなったが、第2、第3セットを奪い、これでいつものペースに戻ったと思ったが第4セットをタイブレイクのすえに奪われてしまうと続くファイナルセットも落としてしまいまさかの初戦敗退となってしまった。
期待が大きかっただけに初戦敗退は残念な結果であるが、勝負は時の運ともいうので、次回頑張ればいいのではと思う。4大大会優勝者はATPマスターズ1000の大会を勝っているというので、まずはATPマスターズ1000の勝利が必須となろう。

[PR]
by motokunnk | 2015-09-01 08:50 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/22102170
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 五輪エンブレム問題とU-18W杯と MLBとU-18W杯とWECと... >>