ドーム観戦は連敗してしまった

先日久しぶりに生で野球観戦をしたのだが、残念ながら応援している日本ハムは負けてしまった。やはり球場で応援するからには勝ってほしいものである。
そこで昨日もまた東京ドームに行くことにした。対ロッテ戦である。そして先発は大谷翔平、今年のロッテ戦は2試合連続して完封勝利と負けなしである。ただ心配点は東京ドームで勝利がないこと、新人のときに一度投げているだけ(オールスターでも投げていた)なのでその点が気がかりであった。
d0183174_10353298.jpg
球団初となる同一チーム3試合連続完封の夢は1回に潰えてしまった。先頭打者に四球をだし、2番打者にホームランを打たれてしまった。これで0-2となった。いつもの大谷翔平だと持前の修正能力を発揮して2回から立ち直るのであるが、この試合はどの球種もイマイチのようで、毎回のようにランナーを出す苦しい展開であった。
一方ロッテの先発石川は快投という言葉が当てはまるように日本ハム打線を手玉にとり、5回終了時点でノーヒットである。
嫌な予感がしたが、6回二死から陽岱鋼の初ヒットがホームランとなり、その後の連打で2-3と追い上げた。大谷翔平は6回でマウンドを降り、浦野がマウンドにあがったが、いきなり被弾され2-4とリードを拡げられてしまった。追い上げムードに水をさす負けパターンのゲーム展開であった。
d0183174_10353860.jpg
日本ハムも8回にセットアッパーの内を攻め、無死満塁と絶好のチャンスを作った。西川の打った打球はファーストゴロ、ランナーの陽岱鋼はうまくタッチを逃れたが、ファースト、キャッチャー、ショートとわたるダブルプレイが成立して結局無得点で終わってしまった。
試合は2-4で敗戦、東京ドームで観戦した試合は2連敗となってしまった。来年こそは観戦した試合で勝利してほしいものである。
そして今朝行われたヤンキース対レッドソックス戦で田中将大が中4日で先発した。初回に失点してしまったが、2回に味方打線が大量8点をとり、田中将大は楽に投球することができた。
d0183174_10354616.jpg
7回、四球をだしたところで降板したが、その後のヤンキースのリリーフ陣がよくなかった。この時点で12-3と大量リードしていたが、出てくるリリーフがしまりなく、結局ベタンセス、ミラーという勝ちゲームのセットアッパー、クローザーまで投入し13-8で勝利した。この勝利で田中将大は11勝6敗となった。
ヤンキースのブルペン陣はベタンセス、ミラー以外は信用できないメンバー揃いのようだ。こんなことではプレイオフ進出もおぼつかなくなってしまう。

[PR]
by motokunnk | 2015-09-03 10:38 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/22109413
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 対象的な戦い、野球とサッカー 五輪エンブレム問題とU-18W杯と >>