渋谷公会堂サヨナラ公演、日本ハム3連敗、そして侍ジャパンロースター発表

近所の掲示板に貼られていたポスターである。d0183174_08383245.jpg「さよなら渋谷公会堂」と題され、昭和ノスタルジアコンサートとある。料金も妥当な額であるので、昭和の歌なら知っているだろうと思い、チケットを購入した。
そのコンサートが昨日、渋谷公会堂で行われた。北海道歌旅座というグループも知らずに購入したのだが、なかなか盛況なコンサートでほぼ渋谷公会堂が満席となっていた。
中島みゆきの「時代」からはじまったコンサートは知っている曲、思い出のある曲のオンパレードで久しぶりに学生時代にタイムスリップした感覚であった。
d0183174_08384054.jpg
d0183174_08384799.jpg

北海道歌旅座というグループはもともとはLOOKのサックス奏者・チープ広石とシンガーJUNCOで結成したグループだそうで、そのLOOKの解散コンサートが20年近く前の渋谷公会堂で行われたそうだ。何かの縁で渋谷公会堂での単独公演が実現できたと語っていた。
2時間2部構成のコンサートであったが、選曲もよくあっという間に終わってしまったという感じであった。また聴きたくなる歌声であった。
そして夜は北海道つながりの日本ハムがソフトバンクと対戦した。先発は大谷翔平、なんとしても地元での3連敗は阻止したいところである。試合は3者連続三振と最高の立ち上がりを魅せた大谷であったが、2回に連打でピンチを招くと松田に先制3ランを打たれてしまった。最近の大谷は被弾されて失点するケースが多いようだ。
それでも日本ハムは3回に中島のタイムリーで1点を返すと、5回にも中島のタイムリー3塁打で同点に追いついた。
しかしその直後、四球、内野安打で無死1、2塁のピンチを招いたしまった。この日の大谷はストレートの制球はよかったが、変化球の制球が回を追うごとに悪くなっていったようだ。
d0183174_08385529.jpg
そして3塁線にあがったバント、大谷が頭から捕球に飛び込んだ。惜しくも失敗して無死満塁のピンチを招いてしまったが、この諦めない姿勢がある限り優勝は無理(数字敵には可能ではあるが)となってしまったが、クライマックスシリーズでソフトバンクに雪辱することはできるのではないかと感じた。
夢を持つことが大切であるとコンサートでも言っていた、その夢の実現へむけてソフトバンクは強敵ではあるが立ち向かっていってほしい。その前にクライマックスシリーズに出場して3位相手に勝利しなければならないが。
11月に開催される「WBSC世界野球プレミア12」の候補選手45名が発表された。7月に発表された65名から20名が脱落した形での発表である。
日本ハムからは大谷翔平、増井浩俊、中田翔、中島卓也の4名が選出された。10月上旬発表の28名の中に4選手の名前があることを期待したい。
そして今日から全米ではNFLがはじまる。全米3大スポーツのひとつでもあり、私も好きなスポーツである。今シーズンはどのチームがスーパーボールに進出して栄冠をつかむのであろうか。去年の覇者ミューイングランド・ペイトリオッツは昨年の不祥事からエースQBのブレディが開幕4試合出場停止の処分を受けている。
混戦模様のNFL、私のご贔屓であるマイアミ・ドルフィンズはどんな戦いをしてくれるのであろうか、そちらもまた楽しみである。

[PR]
by motokunnk | 2015-09-11 08:41 | 日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/22144366
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< NFL開幕、ペイトリオッツ好発... 田中将大快投も12勝目ならず、... >>