田中将大、チームの連敗ストップ、そして日本ハムも連敗脱出

MLB・ヤンキースの田中将大がブルージェイズ戦に先発した。アリーグ東地区での首位攻防地元での4連戦でなんと3連敗して背水の陣での先発であった。
もし敗戦すると自力優勝がなくなる瀬戸際での投球、田中将大は序盤から力投し、ランナーは出すが巧みな牽制でアウトにするなど好投、味方打線も2回に2点を先制すると、4回には2ランと効果的に得点を重ねた。
d0183174_08433743.jpg
マー君は7回を投げ、4安打、7奪三振、無四球、無失点の好投で12勝目をあげ、自力優勝に望みをつないだ。もし地区2位となってもワイルドカードでのプレイオフ進出の可能性はあるので、ヤンキース、マー君にとってはこれからが正念場ともいえる。
そしてプロ野球、日本ハム対オリックスが行われた。もしこの試合に負けると日本ハムは今シーズン初めて6連敗となってしまう。連敗ストッパーに指名されたのはメンドーサ、前回ソフトバンク戦での登板では5回途中7失点でKOされており、前回登板の汚名返上といえる登板でもあった。
メンドーサは初回、2回、3回とパーフェクトピッチングを披露し、味方打線も2回、3回、4回に得点をあげて序盤で6-1とリードした。5回に2点をかえされるが、その裏に2得点をあげ8-3とし連敗ストップのヒカリが見えてきた。
d0183174_08434404.jpg
終盤8回には白村が3者凡退におさえて、8-4で最終回は増井がマウンドにあがった。しかしこの増井にいつものキレがなく、いきなり連打、一死をとるが内野ゴロで8-5、二死をとり試合終了と思ったが、そこからまた連打を打たれて8-6、四球もだして二死満塁のピンチ、安達のヒットで8-7と1点差に追い上げられて糸井である。
さすがに糸井はレフトフライにおさえて連敗ストップを決めたが、まさに薄氷の勝利であった。とりあえずは連敗脱出、クライマックスシリーズに向けてチームをどうまとめていくか注目していきたい。

[PR]
by motokunnk | 2015-09-15 08:44 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/22172134
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< トリプルスリーが2人、しかし最... プロ野球は2000本安打、ハム... >>