トリプルスリーが2人、しかし最短優勝は

昨日のソフトバンク対オリックス戦でソフトバンクの柳田が5回に盗塁を成功させ、今季30盗塁を達成した。これで打率3割、本塁打30本、盗塁30個以上のトリプルスリーをほぼ確定した。
先日はセリーグで山田がトリプルスリーの達成をほぼ確実にしており、1シーズンで2名が達成すると1950年の別当、岩本以来史上2度目のことだそうだ。
d0183174_08565293.jpg
しかも山田は本塁打王はほぼ確定しており、柳田も打率部門で西武の秋山をリードしている。
そして日本ハムは楽天との今季最終戦を6-3で勝利した。この勝利、栗山監督の采配(1、2軍選手の入れ換え)が成果を生んだといえる。
4連敗後、西川、佐藤、石川を登録抹消として、同じ外野手の浅間、岡、谷口を1軍登録した。日曜日は結果を残せなかったが、月曜日には浅間が活躍し、そして昨日は浅間、谷口と2選手が活躍し、チームの勝利に貢献した。二人とも若い選手なので今後が楽しみである。
またこの試合、レアードが29号の先制弾を打ち、中田翔と本塁打数で並んだこともビックリである。以前ヒーローインタビューで中田に追いつくといっていたことが現実となり、打率は低いが期待していないときに活躍してくれる選手の存在もうれしいものである。
d0183174_08570101.jpg
クライマックスシリーズに向けて今日のロッテ戦は斉藤祐樹が先発する。3位を西武と争っているロッテ、ここでたたいておく必要はあると思う。
NFLも第1週が終わった。下馬評通り勝利をおさめたチームもあったが、足元をすくわれてしまったチームも多かったようだ。そして、TD後のエクストラポイントキックがルール変更されたことにより、キック失敗が続出したことも特筆事項である。
開幕戦13試合では4本のキック失敗が発生したそうだ。過去5年間の失敗は1シーズン当たり平均7.4本だったことを思うとやはり15ヤード後ろに下がるということはキッカーにとって無言のプレッシャーとなっているようだ。
TD後にキックを安易に蹴るパターンが再考されそうである。
参考URL → 柳田、トリプルスリー決めた!
参考URL → 北海道日本ハム 対 楽天イーグルス・写真転載サイト
参考URL → エクストラポイントキック、ルール変更で失敗続出
[PR]
by motokunnk | 2015-09-16 09:00 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/22175409
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 蔦屋代官山店が「スターウォーズ... 田中将大、チームの連敗ストップ... >>