蔦屋代官山店が「スターウォーズ」一色にそして1年ぶりの勝利

先月末から9月18日まで『代官山 蔦屋書店全館フェア「STAR WARS READY FOR NEW ADVENTURE」』と題して蔦屋書店代官山店では館内8か所でスターウォーズ関連フェアを開催している。
R2D2やC3POのフィギュアから当然スターウォーズの映画のDVDなどどの売り場にいっても必ずスターウォーズ関連商品が展示されていたり、販売されていたりする。
d0183174_09172650.jpg
変わり種は蔦屋書店オリジナルの手ぬぐいだそうだ。数百円の手ぬぐいにはオリジナル商品のタグがついていた。
私が必要だったのはファイルボックス、年金関連の書類を整理しておくために必要だったので、購入して帰宅し早速整理した。
d0183174_09173435.jpg
もう一つのファイルボックスにはMRIやCTなどの検査結果をいれておうことにした。これでちょっと棚が綺麗に整頓された感じである。
さて夜のプロ野球、日本ハムはロッテ戦、斉藤祐樹が先発した。前回の登板時には何年ぶりかでプロ野球観戦にでかけた日であったのでそのとき以来の先発である。
そしてQVCスタジアムは4月以来、そのときは日本ハム打線が爆発して序盤に8点の大量リードを奪った試合であった。ただこの時の斉藤はピリッとした投球ができずに4回に3失点、5回にも連打で一死1、3塁のピンチをつくったところで降板している。
なんとなく嫌な球場であったが、斉藤裕樹はそんな雰囲気は感じさせず、1回はヒットを打たれたが併殺で切り抜け、まずますのピッチングであった。相手先発は石川、ここ2試合連勝して波にのっている注意すべき投手であったが、2回二死からのレアードに投げた1球が命取りであった。真ん中の失投をのがさず、レフトスタンド一直線の30号である。
その後、浅間にヒット、二死から陽岱鋼、中島卓也に連続長打を打たれてしまい、2回で3失点とちょっと乱調気味であった。前回の日本ハム戦とは別人のような序盤であった。
d0183174_09174299.jpg
2、3回とランナーはだすが要所をしめて無失点に抑えていた斉藤であったが、4回に二死1塁から四球、ヒットで失点したしまった。これで流れがロッテに傾いたように感じたが、5回、先頭打者の陽岱鋼がバックスクリーンに6号を放ち、4-1とリードをまた3点に拡げたことが斉藤祐樹を楽にさせたようだ。
結局、斉藤祐樹は6回を投げ、5安打1失点の好投で今シーズンの初勝利をあげた。昨年9月29日の西武戦以来、352日ぶりの白星だった。
この勝利で来週のソフトバンク戦の先発も決まったようなので、次戦のソフトバンク戦も好投すればひょっとしてクライマックスシリーズでの日本ハムの秘密兵器となるかもしれない。
今日のロッテ戦は大谷翔平先発予定であるが、首都圏は朝から降雨、何となく試合中止となりそうである。そうなると大谷の先発は飛ばしとなるのかスライドするのか、こちらも注目ではある。

[PR]
by motokunnk | 2015-09-17 09:19 | 日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/22181230
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 岩隈は8勝目、ソフトバンクは強かった トリプルスリーが2人、しかし最... >>