岩隈は8勝目、ソフトバンクは強かった

MLBマリナーズの岩隈久志がエンゼルス戦に先発した。前回の登板では好投しながら1発にやられてしまった。今回はスクレとのコンビなので捕手のリード面での心配はなさそうなのがいいが、球質が軽い点はやはり一抹の心配はある。
初回、一死からヒットを打たれたが、エンゼルスの主砲トラウト、プホルスを三振、凡打におさえまずまずのスタートをきった。2、3、4回とランナーはだすが要所をおさえて無失点での投球である。マリナーズとしては先制点が欲しいところであるが、盗塁失敗(チャレンジシステムを利用されて判定が覆ってしまった)などもあり拙攻を繰り返して嫌な流れであった。
その嫌な流れを断ち切ったのが、エンゼルスの先発ウィーバーと抜群の相性(打率5割で本塁打も5本打っている!)を持つモンテロ、その相性のよさを発揮して4回裏二死1、2塁からレフトスタンドへ先制3ランである。
d0183174_08380329.jpg
この3点で岩隈は楽になり、6回にまたまた一発を打たれてしまったが、6回を4安打9奪三振(キャリアハイだそうだ)1失点の好投で8勝目をあげた。腰のハリで6回で降板した。本人によれば予兆があったレベルで問題ないとのことである。
次回登板予定の23日の敵地ロイヤルズ戦での先発は問題なさそうだ、後2回の先発チャンス、果たして2桁勝利にとどくのであろうか。
日本のプロ野球ではソフトバンクのリーグ優勝が決まった。9月17日のリーグ優勝は史上最短での決定だそうだ。3連敗が1回しかないというのも驚きである。
工藤監督は就任初年度での優勝であるが、これは2012年の日本ハム栗山監督以来だそうだ。クライマックスシリーズもこの調子で勝ち進み、日本シリーズも連覇したいとインタビューでは話していた。
日本ハムとしては、まず2位を確定することが第一である。その後クライマックスシリーズの戦い方を検討する必要がある。決して勝てない相手ではないので秘策が必要かと思う。
朝のTVを見ていると、画面の右下に津波注意報が表示されていた。これは昨日に起きたチリの地震(マグニチュード8.3)の影響だそうだ。チリでも高さ4m前後の津波が発生したそうである。
d0183174_08381138.jpg
日本では1m前後の津波が到達とのこと、沿岸地帯での警戒が必要かと思う。
日本列島は秋雨前線が停滞し、全国的に雨(一部では豪雨の予報)、首都圏でも朝から雷の音が聞こえ雨が降っている。今日の祭りはどうなるのだろう?

[PR]
by motokunnk | 2015-09-18 08:40 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/22185593
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 渋谷宮益御嶽神社例大祭と東京駅... 蔦屋代官山店が「スターウォーズ... >>