金王八幡宮の例大祭とエトセトラ

金王八幡宮の例大祭が行われた。ここ数年、毎年祭りの規模が拡大していっているように感じているが、今年も神社境内というよりは渋谷駅前など祭りの規模が拡大していっているようだ。
d0183174_09124092.jpg
ただ、神社境内の出店には数年参加していた自衛隊の姿は見えなかった。安保関連法案関係なのか、広報予算削減なのか、効果がないと判断されたのかはわからないが、若干さびしかった感もある。
昨日は朝からTVではラグビー日本代表の歴史的勝利のニュース一色であったように思う。確かにサッカーでいえばワールドカップでブラジルに勝ってしまうような出来事なのだから当然のことなのだが、ラグビー人気アップの起爆剤となるには水曜日のスコットランド戦が大切である。
ここで勝利をおさめるようだと、日本代表の対外的な評価も急上昇するであろうし、国内のラグビー人気も高まるであろう。いずれにしろ水曜日が楽しみである。
さてプロ野球、日本ハム対西武戦。先発はメンドーサと岸であった。両投手とも相性がよい(岸は好投するが勝につながらない試合が多いが)対戦相手である。
先に失点したのはメンドーサであった。炭谷にホームランとタイムリーを打たれて4回までに5失点、一方の打線は5回まで岸の前にノーヒットと完全な負け試合の流れであった。
d0183174_09124704.jpg
しかし、野球は何が起こるか分からない。6回に谷口が粘ってチーム初ヒットを放つと、大野が続き、一死後中島がこれまた粘って四球を選び満塁とした。田中賢介も四球を選んで1点を返すと、中田がタイムリーで3-5と追い上げ岸をKOした。近藤もヒットで4-5となり、ここでレアードが逆転3ラン、一挙に7点を奪って試合を決定づけた。結局、9-7で日本ハムが勝ち、シーズン2位の座を確定した。これで10月10日からはじまるクライマックスシリーズ第1シリーズの札幌ドームでの開催権を得ることができた。
地元で開催することのメリットは大きいので、ぜひ連勝してソフトバンクに挑んでほしい。そのたまには今日からの3連戦、3連勝といかないまでも嫌な印象を植え付けさせたいものである。

[PR]
by motokunnk | 2015-09-21 09:14 | 日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/22198348
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 久しぶりに錦織圭、そして波乱の... ベッテルが優勝、いよいよ舞台は鈴鹿へ >>