まさかサヨナラHRとは! そしてサンダーバードの放映決定

昨日の日本ハム対ソフトバンク戦は見どころ満載であった。NHK-BS1で生放送されたのでそちらを観戦したが、先発の吉川が中村同様立ち上がりに3失点してしまった。
ただ直後の攻撃で陽がヒット、反撃のノロシをあげたかに見えたが中島が投ゴロ併殺となり一気にチャンスの芽がつぶれてしまった。これでソフトバンク戦の連敗記録が更新されてしまうと思っていたが、田中賢介がヒット、中田の2塁打で反抗のノロシらしきものをあげた。
2回も吉川の投球は安定せず、二死満塁のピンチを招いてしまったがここを切り抜けたのが大きかった。2回にも二死から連続2塁打で1点を返した日本ハム、反撃ムードが高まったかに思えた。
吉川も3回以降はピッチングも安定し、4、5、6回はいずれも三者凡退に打ち取った。初回の乱調が悔やまれるがまあクライマックスシリーズにむけていい印象で降板できたのではないだろうか。
打線はソフトバンクの先発帆足を攻略することができず、ランナーは出すがタイムリーがでない状態であった。
そして9回裏、ソフトバンクは守護神・サファテの登場である。今季一度もリリーフ失敗の経験がないというサファテである。
ただ先頭打者近藤が粘って四球を選んで出塁した。先頭打者が四球を選ぶと得点が入る確率が50%以上あるというMLBの統計があるそうだが、それに期待して観ているとレアードが初球あまく入ったカーブを振りぬくと打球はレフトスタンド一直線である。
d0183174_08280828.jpg
TV観戦していた私もまさかこれまで3三振とまったくタイミングが合わなかったレアードが打つとは考えてもみなかった。これで対ソフトバンク戦の連敗もストップし、サファテに対して嫌なイメージを植え付けさせることにも成功した日本ハムは有原航平が先発である。
ソフトバンクの先発はバンデンハーク、今季負けなしの投手であり、日本ハムも打ち崩せていない投手である。ただ勢いは日本ハムにあるので連勝していいイメージをもってクライマックスシリーズにすすんでほしい。
さて50年前にNHKで放映されていた「サンダーバード」がリメイクされてNHKで放映されることが決定した。「サンダーバード ARE GO」と名称がかわり、10月3日レギュラー放送スタートだ。
d0183174_08304444.jpg
それにさきだち昨日、今日夕方と先行的に放映される。昨日その放映を見たが、CGをふんだんに使用した映像は迫力があり、「スーパーマリオネーション」を駆使した前作とは違った美しさを感じた。10月からは土曜日に夕方が待ち遠しくなりそうだ。
参考URL → 北海道日本ハム 対 福岡ソフトバンク・写真転載サイト
参考URL → THUNDERBIRDS ARE GOの日本語版公式サイト
[PR]
by motokunnk | 2015-09-23 08:32 | 日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/22212833
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 岩隈9勝、有原好投、そして日本は完敗 久しぶりに錦織圭、そして波乱の... >>