サッカーW杯アジア2次予選、シリアに快勝、週末は日本でモータースポーツ2大会

ワールドカップロシア アジア2次予選が行われ、日本代表は中立国オマーンでシリア代表と対戦した。前半はいつもの(悪い時の)日本代表をみているようで動きに精彩がないように思えた。
ただ後半になると積極さがうまれ、特に先制PKを決めた後はゴールラッシュで終わってみれば3-0の快勝であった。中立国での試合とはいえ、中東の熱い環境は日本代表にとっては不利であった。その中で先制点をとったことは試合を有利に進められただけに大きかったと思う。
d0183174_08470222.jpg
逆に先制されていたらと思うとちょっと心配な戦いでもあった。これでグループ首位にたったが、まだ勝点差は1である。折り返し地点での首位は想定通りだが、まだまだゴールは遠いようだ。
さて日本では週末にモータースポーツの世界戦が2つのカテゴリーで開催される。MotoGPとWECである。それぞらMotoGPにはホンダ、ヤマハ、スズキ、WECにはトヨタのワークスチームが参戦する。
MotoGPはヤマハのロレンゾ、ロッシの2人がチャンピオン争いをしており、モテギでも熱い戦いをしてくれるはずだ。Moto2クラスには中上貴晶の他、高橋裕紀、小山知良の2人がワイルドカード参戦する。2人とも世界を相手に戦った猛者、どんな走りを魅せてくれるか注目したい。
そしてフジでは、WEC6時間耐久レースが行われる。昨年はトヨタのシリーズチャンピオンがかかる一戦であったが、今年のトヨタのマシンは開発方向がずれてしまったのか、第1戦で3位となったい他は表彰台もゲットできない不調であり、ライバルのポルシェとアウディに大きく差をつけられている。
d0183174_08471065.jpg
地元に帰って劇的な変化は期待できないが、せめてトップ争いに絡む展開には持ち込んでほしい。
そしてF1はロシアGPである。バトンがマクラーレン・ホンダとの2016年契約を結んだとのニュースが流れた。バトンも来年もマクラーレン・ホンダで走ることが決まり、ロシアでも来年を目指したマシンのインプルーブに期待したい。
土曜日からは、プロ野球クライマックスシリーズもはじまる。ファイナルステージに進むのはどのチームとなるのか、こちらも見逃せない戦いである。

[PR]
by motokunnk | 2015-10-09 08:48 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/22295563
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 錦織ベスト4へ、侍ジャパン最終... 田中将大の今年は終了、錦織はベ... >>