錦織ベスト4へ、侍ジャパン最終ロースター発表、そしてフジともてぎ

楽天ジャパンオープン準々決勝、錦織圭は昨年全米オープン決勝で負けてしまったチリッチと対戦した。第1セットはチリッチのサービスに反応することができないようで、3-6で落としてしまった。
解説をしていた松岡氏によれば、錦織圭のテニスができていないとのこと、第2セットも苦しいとコメントしていた。第2セットにはいり、我慢のテニスに徹した錦織圭は互いにサービスゲームをキープしあい、6-5からチリッチのサービスゲームとなった。
ここで、30-30からブレイクポイントを奪取すると、一気にこのゲームをブレイクしてこのセット7-5としてファイナルセット勝負に持ち込んだ。最終セットも一進一退の展開であったが、流れは錦織に傾いており、第4ゲームをブレイクした錦織が6-3でこのセットをとりベスト4に進出した。
d0183174_08362424.jpg
ベスト4の相手は先の全米オープン初戦で負けてしまったペールである。今回は作戦を考えるといっており、期待できそうだ。唯一の心配は肩の調子かもしらない。
さて、11月からはじまる野球「プレミア12」に参戦する侍ジャパンの最終メンバー28名が発表された。小久保監督によれば今回の選考ポイントを「今シーズンの活躍」と「過去のWBCも含めた経験」とのこと、トリプルスリーの活躍をした柳田、山田の他、日本ハムからは中田、大谷、増井、中島の4名が選出された。
d0183174_08363149.jpg
そういえば、オフィシャルスーツパートナーにブルックスブラザーズがなっているので、青山のショールームには侍ジャパンのユニフォームが展示されていた。11月8日、札幌ドームの韓国戦で試合開始となる。
最後にモータースポーツ。富士スピードウェイではWEC6時間レースが開催される、昨日のフリー走行ではポルシェが従来のレコードタイムを2秒以上短縮するタイムをマークしている。トヨタ勢は5、6番手だが、それでもレコードタイムを短縮している。
d0183174_08363917.jpg
マシンの進歩なのか、タイヤの進歩なのかはわからないが、今年も6時間レースはハイスピードバトルとなりそうだ。
ツインリンクもてぎではMotoGP日本GPが開催され、初日フリー走行が行われた。MotoGPクラスではロレンゾが最速タイムをマークし、ポイントリーダーのロッシは8番手であった。ワイルドカード参戦の高橋巧は18番手であったが、自己ベストは更新しているそうで、今日の予選でどこまでタイムを短縮できるか注目である。
そしてプロ野球はクライマックスシリーズファーストステージが開幕する。スポーツの秋本番である!

[PR]
by motokunnk | 2015-10-10 08:38 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/22300041
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 錦織は根負け、大谷KOで日本ハ... サッカーW杯アジア2次予選、シ... >>