神宮外苑いちょう祭り、W杯予選とツアーファイナル

今年も神宮外苑のいちょう祭りがはじまった。紅葉はまだまだはじまったばかりだが、神宮外苑のいちょう並木の黄葉はどうだろうと昨日行ってきたがいちょうはまだまだ黄色にはなっていなかった。
一部の木は奇麗に黄金色になってはいたが、歩道を見る限りでは黄色の絨毯にはあと1週間以上はかかりそうだ。
d0183174_08371845.jpg
d0183174_08372780.jpg
観光客も平日なのでそれほどではなく、ゆっくり見物できるのはよかったかもしれない。来週末には「トヨタ博物館 2015クラシックカー・フェスティバルin神宮外苑」もあるので、そのときいちょうが色づいているかどうかが楽しみである。
さて、夜はサッカーとテニスの試合をTV観戦した。まずはサッカーワールドカップ2次予選、日本対カンボジアの試合である。シンガポール戦と先発メンバーを大幅に入れ替えた日本代表であったが、そのことで連携がとれなくなってしまったようだ。
パスミスもけっこうあり、格下相手のカンボジアにカウンターで攻め込まれてしまうシーンを何回も見せつけられてしまった。そして相変わらず決定力不足で前半は無得点に終わってしまった。
後半にはいり、柏木を投入したことで、攻撃のリズムはうまれたようだ。いきなりのPKは外してしまったが、FKから先制のゴールが決まった。その後は攻めるがゴールは遠いという悪い時の日本代表の試合の再現であった。試合終了間際に本田のW杯予選5試合連続ゴールがうまれ2-0で勝利したが課題満載の試合だったと思う。
d0183174_08373508.jpg
新しい代表メンバーのテストも兼ねた試合だったと思うが、新メンバーは発掘できたのであろうか、私の眼には候補はそれほど映らなかった。
そしてATPワールドツアーファイナルの第2戦が行われた。錦織圭は第1試合のジョコビッチ戦はいいところなく負けてしまったので、このベルディヒ戦を落とすと予選での敗退が濃厚となってしまう大事な試合である。一方のベルディヒにとってもフェデラーに敗れての試合だけに両者とも背水の陣であった。
全米オープンでの敗戦が尾を引いているのか、このところの錦織圭は接戦に弱い印象があり、どんな試合をするのか注目していた。第1セットは5-5から相手のサービスゲームをブレイクしてこのセットを奪うと第2セットは早々にサービスゲームをブレイクし、2-0とリードした。
この試合は錦織完勝かと思っていると、続く第3ゲームからなんと5ゲーム連続して失ってしまい、3-6で第2セットを失ってしまった。
d0183174_08374264.jpg
このところのいやな流れの再現かと思って第3セットを観ていると、サービスゲームをやっとキープしながらベルディヒについていく展開であった。そして第8ゲームをブレイクし、6-3でこのセットをとりセットカウント2-1でベルディヒに勝利した。
1勝1敗となり、ファイナル進出に望みをつないだ。フェデラーとの対戦で勝利すれば昨年同様ベスト4進出の可能性がてきたが果たして絶好調とはいえない今の錦織圭の力でフェデラーを打ち負かすことができるかどうか。

[PR]
by motokunnk | 2015-11-18 08:39 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/22524209
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ターミネーター/ジェニシスのブ... 「おとなのねこ展」とプレミア12 >>