今日から師走、今年印象に残ったスポーツシーン

今日から12月、年の瀬をむかえ世の中忙しいシーズンとなってきた。マスコミなどは今年一年を振り返る特集などが組まれ、流行語大賞も今日発表されるようだ。
私の今年1年を振り返り、まず印象に残ったスポーツシーンを考えてみた。お正月から順番に記憶をたどっていくとまず箱根駅伝があげられる。
d0183174_09254213.jpg
正月2日に大手町をスタートした駅伝競走、第1区から熾烈なトップ争いが繰り広げられたが、第4区では駒沢大学がトップにたち、2位の青山学院を約40秒引き離していた。
この段階で駒沢大学の往路優勝が予想されたが、青学の5区のランナーは山登りに関してはすごかった。みるみる駒沢大学に近づき、大平台では10秒差までせまり、とうとう逆転してトップに立ってしまった!
その後リードを確実に拡げていった。ふつう登りで強さを発揮する選手は下りは不得意だが、この選手は下りもこなす万能型選手であった。そして青学初の往路優勝をプレゼントした。2位との差も約5分、これで総合優勝も決定的となった。年初からビックリのシーズンであった。
そして8月、シーズン序盤で右広背筋を痛めた影響で故障者リスト入りしていたマリナーズの岩隈久志が大記録を達成した。7月に復帰した後は安定した投球を魅せ、前回登板も9回まで無失点の好投を魅せていたので完封勝利も近いと思っていたが、それ以上の投球を魅せてくれた。
d0183174_09254818.jpg
日本人投手としては野茂さんにつぐ2人目となるノーヒット・ノーラン達成である。この試合日本では録画放送であったが、しっかり観戦してしまった。
今年のMLBではノーヒットノーラン達成投手は多数でているが、すべてナリーグの投手で、指名打者制度のあるアリーグで達成したこと、そして強打のオリオールズ相手に達成したことが評価される。
そしてこの勝利がMLB移籍初の完投勝利だったこともビックリであった。今年は2桁勝利こそ逃してしまったが、シーズン前半を故障していたので仕方ないと思う。FA取得でまだ来シーズン所属チームは未定だが、来シーズンも活躍すること間違いなしと思う。
今年1番印象に残ったシーンはラグビーワールドカップである。私自身、父親(大学時代、ラグビー選手だった)の影響もあり、小さいころからラグビーを観戦していたので冬になるとラグビーをTVでよく見ていた。
24年前のジンバブエ戦は深夜に実況放送を観ていた記憶が残っている。今年のワールドカップはエディジョーンズがヘッドコーチとなりベスト8入りが目標という。事前に放送されたNHKスポーツ酒場“語り亭”「日本ラグビー 勝つための“哲学”」でも大畑さんなどがベスト8入りの可能性を語っていた。
ただ、初戦の南アフリカ戦は善戦どまりであろうと皆が思っていた。私も同様、深夜の放送であったので、目が覚めたら観ようと思っていたレベルであった。
そして目が覚めたのが午前2時半過ぎであった。TVをつけると南アフリカ戦の後半30分過ぎであった。29-32という得点を観てビックリ、眠気が覚めてしまった。なんと1PG差の接戦でTV画面では日本代表が南アフリカゴール前に攻め込んでいるではないか。
何度もゴール前に攻め込むシーンが映し出され、トライかと思える場面もあったが、そこは南アフリカ必死のディフェンスにはばまれてしまった。右サイドを攻め込んでゴール寸前で南アフリカに反則があり、シンビンが出され、一人少ない状況となった。日本のチャンスである。
このチャンス、ラインアウトから攻め込むが押し切ることはできずに、ペナルティを得ることとなった。PGで同点であるが、トライを狙ってスクラムを選択、数回の攻撃を繰り返して、最後はマフィからWTBへスケスにパスがわたり、右隅に逆転トライをあげることに成功した!
d0183174_09260463.jpg
d0183174_09255734.jpg
d0183174_09261119.jpg
34-32で世紀の番狂わせ達成の瞬間であった。この瞬間を生放送で観れたことが一番印象に残った出来事であったが、惜しむらくはこの試合のキックオフから生で観戦できたらもっと興奮も際立ったと思う。
ベスト8に進むことはできなかったが、ラグビー人気は盛り上がり、2019年のワールドカップにむけての土台はできたように思う。あとは日本ラグビー協会がしっかりと後任を選び、インフラ(施設面だけでなく、環境面も含めて)整備を十分果たすことが重要である。
7人制ラグビーも男女ともリオ五輪切符をとったことも大きい。あとはトップリーグ、その後に開催されるスーパーラグビー、選手強化の術はたくさんあるように思う。

[PR]
by motokunnk | 2015-12-01 09:28 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/22591298
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 毎年恒例の流行語大賞、そしてN... ロズベルグの3連勝で今年のF1は終了 >>