たまにはJリーグの話題、そしてラグビー

たまにはサッカーに関する話題について書くことにする。Jリーグが日本サッカーの最高峰のリーグである。私のご贔屓チームは名古屋グランパスであるが、ここ数シーズンは優勝争いにも降格争いにも参加しない10位前後に低迷している。
やはり、贔屓のチームが優勝争いしないとサッカーに関する記事を書くモチベーションが上がらないのが現状である。
さてJリーグであるが、今年からチャンピオンシップ制を復活させたようだ。Jリーグを前期と後期にわけて、優勝チームと年間成績上位のチームで争うトーナメントだそうだ。
今年はサンフレッチェ広島、浦和レッズとガンバ大阪がチャンピオンシップに出場した。すでに初戦は行われ、ガンバ大阪が元日本代表の今野のゴールで浦和レッズに勝利してチャンピオンシップ決勝に臨んだ。決勝はホーム&アウェイの2戦で行われ、まずガンバのホームで初戦が昨日行われた。
ホームでの勝利が必須となるガンバは後半36分にレッズ戦で決勝ゴールを決めた今野が値千金のゴールを決め、2-1とリードした。直前に同点ゴールを決められていただけにガンバにとっては貴重な勝ち越し点、サンフレッチェにとってはまさかの失点であったと思う。
d0183174_09183291.jpg
そして試合はこのまま終了すると思われたが、後半41分にガンバが退場者をだしてしまった。これにより、勢いを取り戻したサンフレッチェがロスタイムに同点に追いつき、その後あとワンプレイで試合が終わりそうなとき、スローインしたボールをサンフレッチェに奪われてしまい、まさかの逆転ゴールを奪われてしまった。
そのスローワーが今野であったことは何かの因縁かもしれない。サッカーに限らず、勝負はゲタをはくまでわからないものである。ひょっとすると土曜日に行われる第2戦でも今野がキーマンとなるかもしれない。今野は土曜日にどんなプレイをするのであろうか。
さてラグビーの話題を最後に少々。今年のスポーツ界での一番の衝撃はラグビー日本代表のワールドカップでの活躍であったと思う。
そのラグビー日本代表が朝日スポーツ賞に選出されたそうだ。12月1日に発表されたナンバーMVP賞に続いての受賞である。トロフィーや賞状はラグビー協会が保管するのであろうが、賞金はどうするのであろうか。選手の強化費に使われるのであろうか、ちょっと興味がある。
d0183174_09184043.jpg
そして7人制ラグビー日本代表は男女とも今日から開催されるワールドラグビーセブンズシリーズに参加する。ドバイで開催される7人制ラグビーの世界大会、シリーズ戦となっておりドバイ、来年に入り2月にブラジル、4月にアメリカ、カナダでの4戦が計画されている。リオ五輪にむけて絶好の強化試合のようだ。
ここで上位に食い込むことでリオ五輪でのメダル争いができるかどうか決まると思うのでぜひ頑張って結果を出してほしい。

[PR]
by motokunnk | 2015-12-03 09:21 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/22601138
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< はやぶさ2が「スイングバイ」を... 毎年恒例の流行語大賞、そしてN... >>