真冬の大荒れとU23代表3連勝で決勝トーナメントへ

首都圏の雪は月曜日だけであったが、全国的には猛吹雪が吹き荒れている。特に北海道がひどいようだ。首都圏でも除雪した雪が残っている個所以外は雪の姿は見えないが、人や車が入らない公園内はまだ雪が見受けられる。
d0183174_08414893.jpg
d0183174_08414000.jpg
昨日の写真だが、近所の公園でアイスバーンとなった雪をスコップで除雪している人の姿を見かけた。思わぬスリップ事故など気をつけて歩く必要がまだまだありそうだ。
さて昨晩のAFC U23選手権(リオ五輪最終予選)予選3試合目の日本の相手は戦前の予想では優勝候補と言われていたサウジアラビアであった。
すでに決勝進出を決めている日本はタイ戦から先発メンバーを10人入れ替え、GK杉本大地、DF松原健、DF三竿健斗、MF井手口陽介が今大会初出場となった。メンバーがかわり、連携はどうかと思っていたが、そこそこの連携はとられており、ゴール前に攻め込むケースも見られた反面、自陣深く攻め込まれることもあり、一進一退の攻防であった。
そんな中、前半30分過ぎにMF大島僚太のミドルシュートが決まり日本は3戦連続して先制点をあげた。後半にも追加点をあげた日本はサウジアラビアをPKの1点のみにおさえて3連勝、予選トップで決勝トーナメントに進出することとなった。
d0183174_08415671.jpg
準々決勝の相手はイランである。サウジアラビアと同じタイプといわれるだけに、慎重に試合をすすめて勝利してほしい。トーナメントは1発勝負、予選と同様に先制点が大きなウェイトを占めると思うのでとにかく前半から攻めていくことが重要だと思う。

[PR]
by motokunnk | 2016-01-20 08:43 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/22795379
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 錦織圭3回戦進出、そして久しぶ... NFLディビジョナルプレイオフ... >>