錦織16強、高梨4連勝そしてU23代表はリオ五輪まであと1勝

昨日は朝からスポーツ番組観戦の1日であった。まず朝9時から全豪オープン3回戦、錦織対ガルシアロペスの試合を観る。
1、2回戦とセットを落とさず連勝している錦織圭だが、今大会初のシード選手との試合、ガルシアロペスには2連勝と相性はよさそうだが油断は禁物である。d0183174_09453754.jpg
試合は両者サービスゲームをキープする展開でスタートした。しかし第7ゲームで錦織はサービスゲームをブレイクされてしまった。今大会初のブレイクである。試合はその後3-5で迎えた第9ゲーム、ここで錦織はガルシアロペスのサービスゲームをブレイクして5-5と並び、6-5とリードして第12ゲームもガルシアロペスのサービスゲームを連続してブレイクし第1セットを7-5で勝利した。
第1セットが終了して錦織圭はメディカルタイムアウトをとり、右手首をマッサージしてもらい、テーピングをし直してもらった。ちょっと心配である。
その心配が試合にでて錦織は第1、第5ゲームをブレイクされこのセットは2-6と今大会初めてセットを失った。
しかし、第3セットにはいり、錦織圭のサービスゲームでの安定感が増し、第1ゲームはラブゲームで奪い、手首の不安を一掃するような動きである。
その後第6ゲームをブレイクし、このセットを6-3でとり、試合をリードすると続く第4セットも第3ゲームをブレイクしリードを奪った。第8ゲーム、15-40とブレイクバックのピンチをむかえたが、ここからファーストサービスが決まり2ポイント連取してデュースに持ち込み、最後はサービスエースを決めこのサービスゲームをキープした。
結果的にこのサービスゲームをキープしたことが大きく、このセットも6-4で勝利し、5年連続してのベスト16入りを決めた。
4回戦の相手は全仏オープンで敗れたツォンガである。ここまで4勝2敗と相性がいいだけにぜひリベンジして昨年同様ベスト8入りを果たしてほしい。
錦織圭が注目されている全豪オープンだが、女子も新星登場である。その名は大坂なおみ、3歳でテニスを始め、4歳で米国に移住。日米の国籍を持ち、将来は日本代表との夢を持つ。
今日出場する3回戦の相手は第14シードのビクトリア・アザレンカ、ここも勝利してベスト16に進んでほしい。
錦織圭だけが世界相手に活躍しているわけではない。ノルディックスキーの女子ジャンプ、高梨沙羅も今シーズンは好調のようだ。ここまでの5戦を4勝2位1回と昨年とは違い絶好調のようだ。
第6戦の舞台は改装されナイター設備も用意された蔵王のジャンプ台で開催された。ジャンプ競技を観戦するもは今シーズン初めてである。新聞では高梨の強さが報道されていたが、本当のところはどうなのか観てみたかった。
強風と降雪という悪天候で競技が何回も中断される中でも高梨は落ち着いてみえるようであった。残り5人となった段階で5分間の中断があり、再開後も一人飛ぶ毎に中断となかなかスムーズに競技は進まない。そんな中、高梨も3度ジャンプ台スタート位置にたって中断されるということを繰り返した。
d0183174_09454688.jpg
そして4回目でいよいよスタートしたが、精神面での成長は素晴らしいものであった。一人異次元をいくような素晴らしいジャンプを魅せてくれて改装なった蔵王ジャンプ台のジャンプ台記録をつくってしまった。
スロベニアのコーチが高梨を「一人男子の選手が女子に混じって飛んでいるようだ」と言っていたそうだが、まさしくその言葉を裏付ける見事なジャンプであった。
ジャンプ後のコメントも「自分のベストを尽くせたのはうれしかった。かなり長い待ち時間だったが、いいイメージを頭の中で巡らせた。やるべきことはできた。(第7戦に向けて)しっかり準備したい」としっかりした内容であった。今日の第7戦が楽しみとなってきた。
そして夜AFCU23選手権準々決勝、U23日本代表の相手はイランである。相手がイランという前にこのチームは2014年1月のU22アジア選手権、そして9月の仁川アジア大会と2度の国際大会でいずれも準々決勝で敗退している。2度あることは3度あるとなってしまうか、3度目の正直で勝ち進むことができるかの大事な試合であった。
試合はどちらかというとイランペースで進んでいき、前半決定機を作られるがイランのシュートが枠外となり救われた。後半もイランのシュートがゴールバー直撃するなど負けてもおかしくない試合内容であった。
d0183174_09455421.jpg
延長にはいると疲れがでたのかイラン選手の動きが鈍くなり、日本は前半6分に待望の先制点をあげた。これで一気に日本が元気になり、イランは落胆、後半にも2点を追加して3-0で勝利し、準決勝にコマをすすめた。
準決勝の相手は今日行われるUAE対イラクの勝者となる。準決勝も勝利して6大会連続のリオ五輪出場を決めてほしいものである。

[PR]
by motokunnk | 2016-01-23 09:50 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/22806296
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 高梨圧巻のW杯5連勝、大坂の快... ラグビー日本代表のHC決定、そ... >>