高梨圧巻のW杯5連勝、大坂の快進撃はストップ

高梨沙羅が異次元のジャンプ(と私には見えた)でW杯蔵王大会に連勝した。昨日の悪天候とはかわって微風が吹く蔵王のジャンプ台、ただその微風がジャンパーにとっては追い風のジャンプをするには不適切なコンディションであった。
そのような難コンディションの中でも2本ともトップの得点をだし、優勝してしまう高梨沙羅、昨年までとは心技体すべてでワンランク上になってしまったような気がする。これでW杯は5連勝、すでに昨年勝利した数に並んだ高梨、後はどこまで勝利を積み上げていくのか注目である。
d0183174_08395782.jpg
そして高梨に続く選手として期待している伊東のライバルとなりそうな選手も現れた、勢藤優花である。18歳のこの選手、蔵王大会で自己ベストとなる5位となった。今まで10位以内にはいったことがないそうで、一桁順位を経験することで飛躍することができると思う。伊東選手と切磋琢磨して日本女子ジャンプ陣を盛り上げていってほしい。
5位入賞で今年のW杯の順位も20位以内となり、最終的に10位以内も視野に入りそうである。ぜひトップ10に高梨、伊東、勢藤と3選手がはいってほしいものである。
さて全豪オープンでは期待の新星大坂なおみが3回戦に出場した。相手は第14シードのビクトリア・アザレンカ、全豪オープンの元チャンピオンでもある。
いきなりアザレンカのサービスゲームをブレイクした第1セット、出だしでビックリしたが、その後の展開もビックリであった。
d0183174_08400677.jpg
サービスゲームをキープできずに5ゲーム連続してとられてしまい、1-6、1-6と1時間もコートにたつことができずに完敗してしまった。
聞けば、体調がベストとはかけ離れていたという。自慢の快速サービスもこの日は20km以上も遅かった。ただ贔屓目かもしれないが、ストロークでアザレンカを圧倒するポイントもあり、今後ますます期待がふくらむ予感を感じさせてくれた。

[PR]
by motokunnk | 2016-01-24 08:41 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/22809396
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 錦織圭、パナソニック、そして琴奨菊 錦織16強、高梨4連勝そしてU... >>