プロボウルは大差でチーム・アービンが勝利

殿堂入りした選手が監督と務めるようになって3回目となるプロボウルがハワイで開催された。
共にWRとして活躍したM.アービンとJ.ライスの2人が今年のチームを率いる2人である。この2名、現役時代も対戦があり、ライスが1つ勝ち越しているそうだ。
去年はアリゾナ開催であったが、今年は舞台を一昨年のハワイに移しての開催である。プロボウルはハワイ開催がなじんでいそうだ。
毎年プロボウルは接戦になるので、今年も期待して観ることにした。チーム・ライムの攻撃でスタートした今年のプロボウル、まずオープニングドライブでQBマニングからTEケルシーへのTDパスが決まった。
続くチーム・アービンの攻撃、QBウィルソンからいきなりのロングパスをきめ、ゴール前に迫るとWRジョーンズにTDパスを通してすぐにTDを取り返した。
QBウィルソンは絶好調のようで、第2Q前半までのプレイであったがパス12回中8回成功、164ヤード、3TDであった。一方のマニングは1TDをあげるもインターセプトもあり、ふつうの出来であったようだ。
試合は第1Qで14-7とリードしたチーム・アービンが前半4TDをあげ、リードを拡大すると、後半にも連続してTDを奪取、合計7TDをあげ49-27で快勝した。
チーム・ライスで惜しかったのはインターセプトが6回と多かったことである。ただ、最後はインターセプトを3回も喫してしまったQBテイラーからWRランドリーへのTDパスが決まり一矢をむくいた。
d0183174_08473875.jpg
MVPにはQBウィルソンとDEベネットのシーホークスの2人が選ばれた。観ていて楽しいプロボウルであった。
NPBもいよいよ各地でキャンプがはじまり、日本ハムもフロリダでキャンプをスタートさせた。フロリダは暖かいイメージがあるが、なんと気温は7度だそうで暖かいイメージとは程遠いキャンプスタートとなったようだ。
d0183174_08475134.jpg
その中で、大谷翔平は日本以外に全米からの注目も集め、早くも初登板の日程が決まったというらしい。MLBも注目の大谷翔平、今年はどんなピッチングを披露するのだろう。

[PR]
by motokunnk | 2016-02-02 08:51 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/22839966
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 11月までの熱き戦いの幕開け、... 福士、パナソニック、そして高梨沙羅 >>