ウィンタースポーツ真っ盛り、アイスホッケー、ジャンプなどなど

NHK-BS1のスポーツ中継、ウィンタースポーツに特化しているようである。アイスホッケーの平昌五輪二次予選の試合が連日生中継されている他、アルペンスキーも苗場から中継されている。昨日は夕方からアイスホッケーの中継を観た。この試合に勝つと五輪最終予選に出場できるそうである。アイスホッケーは以前はよくTVで中継されていたので観ていたが最近は中継も減り人気も下降気味のようだ。
ただ選手は頑張って五輪出場を目指しているという。世界ランク20位の日本にとって21位のウクライナには負けたくないところであろう。試合は第1、第2ピリオドとも無得点で0-0で最終ピリオドで決着をつける形となった。
d0183174_09113076.jpg
ここで先に得点したのは日本であった。それも追加得点もあげ2-0とリードを拡げ、ウクライナの反撃を1点に抑えて地元の利はあったにせよ最終予選に進むことができた。長野五輪以来の五輪出場、残すは最終予選である。
一方、ノルディックスキー W杯ジャンプ女子第14戦で高梨沙羅は今シーズン初めて表彰台を逃す4位となってしまった。前日10連勝が途切れたときは笑顔があったがさすがにこの日は笑顔は観られなかった。1回目はトップであったが2回目のジャンプは高梨としては珍しい失敗ジャンプであった。
ジャンプ台を最後まで克服できなかったようだが、気分をかえて次の戦いに挑んでほしい。
そしてテニスのメンフィスオープン。準決勝、錦織圭の相手は昨年と同じサム・クエリーであった。そしてそのサム・クエリー相手に第1セットを失ってしまった。相手サービスに対応できなかったのが敗因だったようだ。
d0183174_09111603.jpg
しかし、第2セットに入ると修正能力を発揮して徐々にペースを握り、このセットを6-3で奪うとファイナルセットも先にサービスをブレイクし、最後はクエリーのサービスをリターンエースで仕留めてこのセットも6-3で勝利し、4年連続して決勝に進出した。そして先ほど終了した決勝で錦織圭は4連覇を達成した。コメントは明日にしようと思う。
そして最後は日本ハムのアリゾナキャンプ。韓国チームとの練習試合が行われた。練習試合は3試合行われたが1分2敗と勝つことはできなかった。栗山監督にしてみれば勝つことにこだわりを持つと言っているだけに結果には不満であろう。
ただマスコミは大いに盛り上がっている。MLBでも注目されている大谷翔平が打者として5打席たち、2安打1得点の活躍であった。走塁面でも勘の良さをみせ、内野安打で出塁した後、暴投で二進しタイムリーで生還と走塁面でも魅せてくれた。
d0183174_09112496.jpg
昨年は打者としては不本意な成績に終わってしまったが今年は打者としても期待が持てそうな活躍ぶりである。

[PR]
by motokunnk | 2016-02-15 09:13 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/22882206
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 錦織圭4連覇、日本ハムの紅白戦... トップリーグオールスター、錦織... >>