高梨沙羅が最速で今シーズンの王者に決定、なでしこジャパンもメンバー発表

ノルディックスキーワールドカップW杯ジャンプ女子個人第15戦が行われ、高梨沙羅が圧勝して今シーズンのチャンピオンを決定した。
13、14戦とスロベニアで行われたジャンプで連続して勝利を逃し、14戦では4位と表彰台も逃していた(ジャンプ台が特殊だといわれていたが)だけにちょっと心配ではあったが、そんな心配を吹き飛ばす見事なジャンプであった。
d0183174_09185969.jpg
他の選手とは飛距離が数メートルも違う、異次元のジャンプが蘇ったようだ。来年の世界選手権はこのジャンプ台で開催されるそうなので来年に向けていい形の予行演習ができたのではないか。
それは日本チームにも言えることでここ数戦、2桁順位に落ち込んでいた伊藤有希も90m以上のジャンプを2本決めて今シーズン2度目の表彰台を確保した。そして岩渕香里も自己最高となる6位に入賞した。岩渕香里は1本目がいいと2本目は慎重になり失敗ジャンプが多かったがこの日は2本目も大胆に飛び、96mをマークし見事に6位に入った。
勢藤優花は20位に終わってしまったが、復調の気配は感じられるジャンプであったように思う。
d0183174_09190624.jpgリオ五輪最終予選突破を目指すなでしこジャパンの代表候補25名が発表された。昨年のW杯代表メンバーを主体にした構成であるが、安藤と宇津木の2名はコンディション不良で選ばれなかった。かわりに沖縄合宿に招聘されていなかった杉田亜未が選ばれた。
このメンバーから最終的な20名が選ばれると思うが、10日で5試合の超過密日程だけに複数ポジションをこなせる選手ということで杉田亜未に白羽の矢がたったのではと思う。最終予選は29日にスタートする。ぜひリオ五輪出場枠を獲得してほしいと思う。
そして昨日も書いたがF1では22日からの公式テストにむけて今シーズンを戦う新車が発表されている。19日はフェラーリとウィリアムズ、そしてチャンピオンのメルセデスは未発表ながらシェイクダウンを行ったという記事が掲載されていた。
2月22日からはじまるカタロニアでのテストには何チームの新車がお披露目されるのであろうか。こちらも楽しみである。そしてマクラーレン・ホンダの新車発表はいつなのであろうか。

[PR]
by motokunnk | 2016-02-20 09:21 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/22901457
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 今年の初G1はフェブラリー、勢... モータースポーツシーズン開幕直... >>