とりあえず白星発進のオープン戦、マクラーレン・ホンダ新車発表

日本ハムの2016年シーズンがはじまった。昨日、名護で千葉ロッテとのオープン戦で今シーズンをスタートさせた。
ロッテとは開幕戦で当たるチームであり、オープン戦といえども負けると後味が悪い。また昨年のクライマックスシリーズでは負けているのでなおさら勝ってスタートしたい気分である。
日本ハムの先発は吉川、ロッテの先発はチェン、先発メンバーは陽、西川とレギュラーを並べる必勝態勢と思われた。ロッテのチェンには昨年いいところで好投されており、ここで打ち崩して、今年は違うというところをロッテに植え付けたい。
試合は両投手の投げ合いで2回を終了し、日本ハムは2番手として武田勝が登板した。その武田勝、4回にロッテの新外国人選手のナバーロに追い込みながらの失投をホームランされてしまった。ちょっと制球が甘かったための一発であった。
これで0-1とロッテに先制され、嫌な流れとなりそうなところその裏、一気に反撃した。先頭の大谷が中前ヒットで出塁するとレアードレアードが左中間を破る二塁打で続き、松本剛のタイムリー内野安打で同点に追いついた。松本剛の内野安打はファーストゴロであったが、チェンがベースカバーを怠ったラッキーなものであるが、タイムリーはタイムリーである。
続く大野もライト前に運び、中島の内野ゴロでこの回3点を奪取し、3-1と試合を逆転した。ワンチャンスをものにする日本ハムの攻撃は昨シーズンから見られたものであり、今シーズンも流れは続きそうである。
d0183174_09050601.jpg
日本ハムは屋宜、有原と継投、有原が7回失点したが、7回裏には渡邉諒の本塁打もでて、9回瀬川が打たれてしまったが4-3でロッテを抑えてオープン戦とはいえ白星発進である。昨年のオープン戦を考えると上々の出だしである。
先発候補の吉川、有原もまずまずの投球であり、栗山監督も満足のいく初戦であったのではないだろうか。ロッテの新外国人選手のナバーロであるが、オープン戦2試合で2本塁打と絶好のスタートであったが、那覇空港で実弾所有が見つかり、現行犯逮捕されてしまった。開幕戦出場は絶望のようだが、何となく惜しい気がする。
そしてマクラーレン・ホンダが今シーズンを戦うマシンMP4-31を発表した。昨年同様に突起型のショートノーズを採用しているが、インダクションポッドは若干丸みを帯びてサイズもダウンしているほか、サイズゼロを反映したリヤ後端の絞り込みも昨年型よりわずかに余裕をもたせている。
d0183174_09051492.jpg
肝心のホンダエンジンであるが開発担当者の弁によると「今年のパワーユニットは基本コンセプトを変えず、昨シーズンのレースデータを元に、課題となっていたコンプレッサー周りなどを中心に、ハードウェアを進化させています。」とのこと、結果は今日からはじまるカタロニアテストでわかるであろうが期待半分、心配半分といったところか。
松下信治を新たにテスト兼開発ドライバーに起用し、ドライバーはバトン、アロンソがレギュラードライバーテスト、開発ドライバーに松下という布陣となった。カタロニアテスト初日にバトンを起用、フェルナンド・アロンソは2日目と4日目を担当することが同時に発表された。

[PR]
by motokunnk | 2016-02-22 09:07 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/22908050
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< F1合同テストスタート初日はベ... 明日は猫の日、そして大統領選は... >>