久々の飛鳥山公園と日本ハムの練習試合、そしてカタロニアテスト

昨日午後、数年ぶりで王子の飛鳥山公園にでかけた。所属しているフォーラムの見学会があり、紙の博物館が見学先であった。
飛鳥山公園は平日ということもあり、閑散としていた。ただD51などの展示物は昔と同じで懐かしく感じてしまった。紙の博物館見学は初めてである。
d0183174_09154204.jpg
d0183174_09153312.jpg
d0183174_09154991.jpg
ボランティアの説明員の方の説明を聴きながら展示物を観ていくと理解度も増すような気がした。3フロアに展示コーナーがわかれていたが、それぞれ意味をもたせているのがわかりやすさを増す要因だったのかもしれない。
そろそろプロ野球のキャンプも終盤となり、日本ハムでは韓国KIAとの練習試合が行われた。大谷翔平、新外国人投手が登板するので練習試合といっても注目の一戦である。
解説者の「今日の大谷は調子がよくないですね。」とブルペンでの投球を観て言ったセリフにちょっと不安があったがまさにセリフ通り、不安定な立ち上がりでいきなり2塁打、四球で無死1、2塁のピンチを招いてしまった。
d0183174_09155853.jpg
d0183174_09160695.jpg
続く打者の中前に抜けそうなゴロを中島がダイビングキャッチし、併殺を成立していなければどうなったかわからない立ち上がりであった。
このピンチを切り抜けると、2、3回は三者凡退で切り抜け、3回1安打5奪三振無失点といつもの大谷翔平とかわらない結果であった。新聞ではチェンジアップが話題となっているが、チェンジアップとは思えない速球のような速さがある球であった。
新外国人投手2名もそれぞれ2回、1回を投げ無難な内容で今後に期待を持たせた。また打者では4番中田翔に場外弾、新人横尾が初ホームランなど打線も爆発し、投打とも順調な仕上がりを魅せてくれた一戦であった。
F1カタロニアテストも3日目、マクラーレン・ホンダは再びバトンがステアリングを握ってテストを開始、午前はよかったが午後のレースシミュレーションに入ろうとした際に後部から出火しテスト中断、今年のテストに入って初めてのトラブル発生となってしまった。
マシンに損傷はなく、最終日にアロンソによりテストが行われるそうだ。
アメリカ大統領予備選挙、共和党のトランプ氏の勢いが加速している。ネバダ州の党員集会でもトップとなり、これで3連勝である。過去の2勝は予備選挙で今回は党員集会での勝利、党員集会は熱心な党員が参加する集会でトランプ氏が弱いと言われていただけにこの勝利は大きいのではないだろうか。3月に向けてトランプ氏に大きな追い風が吹いているようである。

[PR]
by motokunnk | 2016-02-25 09:18 | 日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/22918309
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< いよいよ開幕スーパーラグビー、... いつものように確定申告、そして... >>