錦織ベスト4進出ならず、初勝利目指してサンウルブス登場、夜は大河ファンタジー

ATPマスターズ1000BNPパリバオープン準々決勝、錦織圭の相手はナダルであった。過去1勝7敗であるが、昨年は初勝利をあげるなど苦手意識はない相手である。
そんな錦織は快調にスタートした。第3ゲームをブレイクすると、第5ゲームも15-40と連続してのブレイクチャンスを握った。しかし、このブレイクチャンスをとれなかったことで流れがナダルに傾いてしまったようだ。
第6ゲームをブレイクバックされゲームカウントでタイに追いつかれると5-6からの錦織のサービスゲームをあっさりブレイクされてしまい第1セットを失ってしまった。
嫌な流れは第2セットに持ち越され、第2ゲームをいきなりブレイクされると、精神的にも追い込まれたのか凡ミスもでてラケットを投げるシーンもみられた。それでも第7ゲームをブレイクして頑張りをみせたが、第8ゲームをブレイクバックされ、第9ゲームもあっさりとられて錦織のベスト4進出は夢となった。
d0183174_09131163.jpg
この試合の分かれ目は第1セット序盤であったと思う。ナダルの3度のサービスゲームはすべて錦織がブレイクポイントまで攻め込んでいた。ただナダルが感張り1回しかブレイクを許さなかった。3度のサービスゲーム、合計7回のブレイクチャンスで錦織は1度しかポイントをとれなかったことが敗因のひとつだと思う。
ナダルがブレイクチャンスを1度で決めたことを思うと余計そのように感じてしまった。
ATPマスターズ1000は連続してマイアミオープンが開催される。チャンスはまだあるので初優勝目指して頑張ってほしい。
首都圏は雨が降りだしそうな天気である。天気予報では昼過ぎは本降りだそうだが、スーパーラグビーのサンウルブス対レベルズは雨中での戦いとなりそうだ。
今日が3試合目、はじめてオーストラリアのチームと対戦するサンウルブスであるが、過去2戦で連携などは大分よくなってきたと思う。ただターンオーバーされてからの守備に一抹の不安があるので、この試合はターンオーバー後のディフェンスに注意して戦ってほしい。また後半、前の試合のように流れが悪くなったときに投入するサブのメンバーの中にマフィやへスケスのようなインパクトプレイヤーがいないのも不安材料ではある。
不安材料は多々あるが、レベルズは勝てると思う相手、ぜひスーパーラグビー初勝利を秩父宮競技場で飾ってほしい。またその後行われるレッズ対ブルースも楽しみな一戦である。ツイとマレサウというW杯を沸かせた日本代表がそれぞれのチームから先発出場する。サブの五郎丸も出場すれば、ヤマハ発動機のチームメイトがわかれて戦うこととなるのも注目だ。
d0183174_09132038.jpgそして夜は午後9時からNHK総合テレビで大河ファンタジー「精霊の守り人」がスタートする。NHKの力も入っているようで午後6時10分から特番も組まれているようだ。
昨日も書いたが、私も原作はすべて読破しており、かなり期待しているドラマである。原作者の上橋菜穂子さんと「精霊の守り人」の展示会も4月から世田谷美術館で開催されるようだ。
単行本の挿画のほか、TVドラマ資料やアニメ、漫画化された作品も展示されるとのこと、翻訳され多数の国で出版されている「精霊の守り人」(こちらの挿画も展示されているといいのだが、バルサが国によって様々に描かれているのが面白い)の魅力満載の展示会となるのであろう。こちらも開催が待ち遠しいかぎりである。

[PR]
by motokunnk | 2016-03-19 09:16 | 日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/22990650
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 3連敗のサンウルブス、日本ハム... 錦織初の8強、大谷は乱調もチー... >>