明日からペナントレーススタート、土曜日はスーパーラグビー

いよいよ明日からプロ野球がスタートする。セパ両リーグ同時開催である。10月までの長丁場をどう乗り切っていくか、フロント・監督・コーチ陣の腕の見せ所である。
パリーグはソフトバンクが盤石の体制のようだが、伏兵も虎視眈々と上位を狙っている。一方のセリーグは今年も本命不在で大混戦のようである。昨日、NPBから開幕戦を戦う選手が発表された。
12球団の中で新人選手はセリーグでは○巨人 重信慎之介外野手(ドラフト2位・早大)、○阪神 高山俊外野手(ドラフト1位・明大)、○広島 西川龍馬(ドラフト5位・王子)、仲尾次オスカル投手(ドラフト6位・ホンダ)、○中日 福敬登投手(ドラフト4位・JR九州)、○DeNA 柴田竜拓内野手(ドラフト3位・国学院大)、戸柱恭孝捕手(ドラフト4位・NTT西日本)の5球団7選手である。
一方のパリーグは○日本ハム 加藤貴之投手(ドラフト2位・新日鉄住金かずさマジック)、井口和朋投手(ドラフト3位・東農大オホーツク)、横尾俊建内野手(ドラフト6位・慶大)、○オリックス 吉田正尚外野手(ドラフト1位・青山学院大)、鈴木昴平(ドラフト7位・三菱重工名古屋)、赤間謙投手(ドラフト9位・鷺宮製作所)、○楽天 オコエ瑠偉外野手(ドラフト1位・関東第一高)、茂木栄五郎内野手(ドラフト3位・早大)、石橋良太投手(ドラフト5位・ホンダ)の3球団9選手である。
日本ハムでは予想した通り、新人投手の加藤、井口の他に右の代打候補(矢野が出遅れ気味なので)として横尾がメンバー入りした。また5年目をむかえた大嶋もうれしい開幕1軍入りである。オープン戦では主として内外野の守備固めとして起用されていたので開幕ベンチ入りは本人にとってもビックリであろう。
d0183174_08365966.jpg
ベンチ入りしたからには出番をアピールしてチームの勝利に貢献してほしい。日本ハムは明日は大谷翔平が先発する。一方のロッテは涌井の先発が発表(?)されている。午後6時半プレイボールである。
そして土曜日はスーパーラグビー第5週が開催される。サンウルブスはシンガポールでブルズと対戦する。先週のレベルズ戦で大敗してしまっただけにメンタル面での落ち込みが心配だが、場所がかわってシンガポールとなるのは気分転換につながる意味もありいいことだと思う。
相手のブルズは昨シーズンの主力が引退や移籍などでメンバーが一新したようである。今シーズンは3戦して1勝1敗1分けと五分の成績を残している。チーム力が若干落ちたといっても昨年のW杯日本戦でトライをとったアドリアーン・ストラウスもいるだけに初勝利をあげるには実力以上の力を発揮することが必要である。
d0183174_08370805.jpg
シンガポールでは2戦目となるが、先の試合では後半運動量が目に見えて落ちてしまっただけに交替メンバーも含めてベンチ入りメンバー全員で初勝利目指して頑張ってほしい。メンバー発表は今日の午後のようだ。

[PR]
by motokunnk | 2016-03-24 08:39 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/23004967
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 藤田騎手が初勝利、日本代表も新... ベルギーでテロ、そして明後日か... >>