錦織圭、ATPマスターズ1000初優勝のチャンス

ATPマスターズ1000・マイアミオープンの4回戦、錦織圭の相手はバウティスタ=アグであった。過去一度も負けていない相手ではあったが油断は禁物である。
今大会で初のナイトゲームであり、試合開始時間も当初の想定から1時間遅れでスタートと一抹の不安はあった。
試合はいきなりのブレイクでスタートしたが、すぐにブレイクバックされまたまたブレイクとお互いがサービスゲームをキープできない立ち上がりであった。
第4ゲームに錦織がサービスゲームをキープし、第5ゲームをこのセット3度目のブレイクに成功、バウティスタ=アグは一度もサービスゲームをキープできない流れであった。結局第1セットは6-2で錦織があっさりととることに成功した。
第2セットに入っても錦織の調子は落ちずに、第1ゲームをまたまたブレイクしてリードすると、自身のサービスゲームはキープし続け、このセットも6-4で勝利し、3年連続してベスト8進出を決定した。
d0183174_09012177.jpg
準々決勝の試合は4月1日午前4時以降に開始されるそうだ。NHK-BS1で生放送されるようなので早起きして応援することにしよう。
このマイアミオープン、上位シードで残っている選手は錦織圭とジョコビッチの2選手のみとなっている。そのジョコビッチは別ブロックでお互い勝ち進めば決勝で対戦する。
錦織はその前に準々決勝ではフランスのモンフィスとの対戦がある。そしてモンフィスに勝つと、準決勝ではラオニッチとキリオスの勝者との対戦が待っている。
いすれも強敵揃いではあるが、マレーやナダルといったビッグ4との対戦よりは勝機はありそうだ。今年の錦織圭の目標のひとつはATPマスターズ1000大会の優勝だそうである。マイアミオープンでその目標がかなえられる可能性が高くなりつつある。
今日の準々決勝、ジョコビッチはベルディヒと対戦する、この試合もNHK-BS1で生放送されるのでチェックしようと思う。
日本ハムの大谷翔平が2試合連続してホームランを打った。しかし試合は4-5で惜敗してしまいまたまた借金生活となってしまった。5人目の先発投手としてバースが登場したがオープン戦からの流れを断ち切ることができずに4回をもたずに5失点、新人中継ぎ陣が試合を壊さずに好投したことが救いではあった。
明日からはソフトバンク戦である。昨年の借りを返す意味でも初戦先発予定の大谷翔平の右腕がうなりをあげて好投することに期待したい。

[PR]
by motokunnk | 2016-03-31 09:03 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/23025848
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 智辯学園が選抜を制し、錦織は大... 大谷の2016年は打者としてブ... >>