日本ハムがソフトバンク戦勝越し、錦織圭は初制覇ならず

昨日のプロ野球、日本ハム対ソフトバンク戦は見応えのある一戦であった。有原航平、武田翔太という両チームのエースによる息詰まる投手戦であった。
有原航平は前回登板も好投であったが今回も低めに変化球が制球されており、連打を打たれる可能性が低いと思われた。しかしどんな投手でも1度はピンチをつくってしまうものである。それが5回表であった。先頭打者にヒットを打たれると、犠打を気にして次打者は四球、無死1、2塁のピンチを招いてしまった。
ここでピックオフプレイを考えたらしいのだが、サインが徹底していなかったか、有原が痛恨のボークをとられ、無死2、3塁とピンチは拡大してしまった。若干の動揺の中、次の投球を見事にスクイズされ先制点を奪われてしまった。日本ハムにとって幸運だったのは次打者の3塁ゴロで三進していた走者が本封されたことであった。これで2失点目は食い止めることができた。
その裏、チャンスが訪れた。谷口、レアードの連打で無死1、2塁とソフトバンクと同様のチャンスをつくったが、2塁ランナーが捕手からの牽制でアウトになってしまい、いい流れに傾きかけたと思われたが一気にチャンスをつぶしてしまった。
そして6回、ふたたびチャンスが巡ってきた。先頭打者の西川が粘って四球を選ぶと、次打者・田中賢介の2球目にヒットエンドラン、見事三遊間を抜いて無死1、3塁と同点、そして逆転のチャンスをつくりだした。中田翔の3塁ゴロで同点に追いついてが、田中賢介が見事なスライディングで2塁種の本塁送球を阻止した。このプレイがラフプレイだとソフトバンクから抗議があったことが武田翔太のピッチングに影響を及ぼしたのではないか。
マウンドで5分近くキャッチボールもしなかっただけに微妙な制球は若干くるってしまったようだ。大谷翔平(この日はDHで出場していた!)にヒットを打たれ、次打者は打ち取ったが、二死2、3塁のピンチでレアード登場である。昨年は無安打に抑えていたレアードであったが、前の打席で初ヒットを打たれていた。気分よく打席に立ったレアードは右中間に鈍い打撃音の飛球を放ち、これが日本ハムファンの待つスタンドに吸い込まれる3ランとなった。
d0183174_09161207.jpg
一気にこの回4得点、これで試合は4-1となり、有原は8回を7安打、6奪三振、2四球、1失点の好投でクローザーの増井にバトンタッチした。しかしこの日の増井はピリッとしない投球であった。打者への初球が高めの外れるボールからスタートしていた。そのため投球のリズムが悪く一死1、3塁のピンチを招き、昔の同僚・鶴岡にタイムリーを浴びて2点差に詰め寄られてしまった。
続く打者にも四球を与えて一死満塁、代打カニザレスは三振に打ち取ったが、今宮に押し出しの四球で1点差となり、柳田である。ここで増井が踏ん張り、何とか柳田を見逃しの三振に仕留めて4-3で日本ハムが逃げ切った。
最後は薄氷を踏む勝利であったが、今シーズン最初の昨年王者との3連戦を2勝1敗で勝ち越したことは今後の戦いに力を与えてくれたと思う。昨年はスタートダッシュを決めたが今年は3カード終了して5割、パリーグはダンゴ状態である。
そして未明に行われたATPマスターズ1000マイアミオープン決勝、初優勝を目指して錦織圭がジョコビッチと対戦した。いきなりジョコビッチのサービスをブレイクしてこれはと思ったがさすがはジョコビッチであった。直後の錦織のサービスゲームを簡単にブレイクバックして互角に持ち込むと第6ゲームをブレイクされてリードを許してしまった。直後のゲームをブレイクバックしたが、今回も肝心なブレイク後のサービスゲームをキープできずにこのそっとを3-6で失ってしまった。
第2セットも最初のサービスゲームをブレイクされ、その後は淡々とキープ合戦が進んだが、第7ゲームで錦織が左膝を気にする仕草をみせ、ゲーム後にメディカルタイムアウト、その後第9ゲームをジョコビッチにブレイクされこのセットも3-6となりATPマスターズ1000初優勝は夢に終わった。
d0183174_09162134.jpg
この試合、ジョコビッチのうまさ、強さが際立った試合ともいえ、とにかくブレイクされたゲームの直後の力の入れ具合、集中力は素晴らしいものだった。錦織もこの試合をいい教訓として精進してほしいと思う。
F1バーレーンGPも開催され、メルセデスのロズベルグが開幕2連勝を飾った。マクラーレン・ホンダはアロンソの代役出場のバンドーンが見事に10位入賞した。10位という順位は驚かないが、F1初出場での完走、ポイント獲得は見事であった。次も代役参戦となるのかどうか、チームとしてはうれしい誤算のようだ。

[PR]
by motokunnk | 2016-04-04 09:18 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/23037710
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< リオ五輪に向けて、水泳日本選手... サンウルブス5連敗だが、チーフ... >>