東京五輪のエンブレムが決定、NBAプレイオフ1回戦も中盤戦

4案に絞られて公開されていた2020年東京五輪のエンブレムが決まった。A案で公開されていた藍色でデザインされた市松模様を基調にしたデザインのものである。
d0183174_08400320.jpg
4つの案のなかで最もシンプルなデザインと感じていたが、そのシンプルさがよかったのではないだろうか。市松模様も日本古来のデザイン要素として親しみがあるもので、他の案と違って単色で仕上げている点も好ましい。
最初の投票で委員の過半数の得票を得たそうだが、何となくわかるような気がする。海外メディアからは『ぱっとしない』といった声もあるそうだが私個人は最適な選択だと思う。街中で観れば感覚もかわってくると思うし、見慣れれば親しみもわいてきそうである。
NBAプレイオフ1回戦も4試合が終わっているようだ。4連勝で2回戦進出を決めているチームもある。東地区では昨年の覇者でもあるキャバリアーズがレブロン・ジェームズを中心とした攻撃陣が機能しているようでこのまま地区優勝、悲願のファイナル制覇まで行きそうな雰囲気でもある。
d0183174_08401271.jpg
一方の西地区ではスパーズが4連勝で2回戦進出を決めた。昨年は1回戦で惜敗しているだけに今後に期待がもてそうだ。一方の本命ウォーリアーズはエースのカリーが第4戦でまた怪我をしてしまった。第1戦では右足首を負傷して2試合欠場したが、今回は前半最後のプレイで右ひざを負傷してしまい、後半は試合を欠場した。
エース不在でもチームは3勝目をあげて1回戦突破に王手をかけたがカリー負傷がどの程度のものなのかが心配である。

[PR]
by motokunnk | 2016-04-26 08:41 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/23096042
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< オリジナルカプセルフィギュアみ... 好調な前田健太、MOTOGPは... >>