キャブスが連勝、日本もリオ五輪に大手、そしてスーパーラグビー

NBA地区優勝決定戦、東地区の第2戦が行われた。結果はキャブスが勝利をおさめ、NBA史上4チーム目となるプレイオフ開幕からの10連勝を達成した。過去にはレイカーズが2回、スパーズが1回記録しでおり、キャブスはこの両チームに続くものとなった。
d0183174_08565308.jpg
そしてこの試合でもエースのレブロン・ジェームスが大活躍し、プレイオフで15度目となるトリプルダブル( 23得点、11リバウンド、11アシスト)を記録した。これで地元で連勝して敵地に乗り込むことになるが、意外とあっさり4連勝してしまうかもしれない勢いを感じてしまうキャブスの勢いである。
昨日のリオデジャネイロオリンピックバレーボール世界最終予選、日本はこれまで全敗と調子がでていないドミニカ共和国と対戦した。ドミニカ共和国は調子がでないといっても世界ランクは一桁の強豪国で日本とはいつも接戦している相手である。
そんなドミニカ共和国であったが、日本は第1セットから好調に得点を重ねて25-22で先取した。第2セットに入っても勢いは衰えずこのセットも25-16と連取、このまま3-0で勝利するものと思われた。
しかし第3セットにはいり、ドミニカ共和国も意地をみせた。一進一退の攻防となり、先に23-24とセットポイントを握った。ここは日本が盛り返し、逆に25-24とマッチポイントをとった。最初のポイントは逃したが26-25から石井のスパイクが決まり27-25でこのセットを奪取、3-0で強豪ドミニカ共和国に勝利した。
d0183174_08570348.jpg
今日のイタリア戦に勝利すればリオ五輪出場は決定するが、5、6位につけるタイ(対韓国戦)、ペルー(対オランダ戦)の両チームが敗戦するとその時点でのリオ五輪出場が決定する。イタリアに勝ってリオ五輪出場を決定してほしいがその前に決まる公算も高そうだ。
そしてスーパーラグビー、サンウルブスはレッズと敵地で対戦する。レッズには五郎丸、ツイと2名の日本代表選手がおり、両者とも先発出場予定である。6月のテストマッチに向けてどんなプレイを魅せてくれるか期待したい。
d0183174_08571245.jpg
アジアラグビーチャンピオンシップ2016第3戦も韓国で行われるし、ラグビーファンにとっては見逃せない試合が目白押しである。

[PR]
by motokunnk | 2016-05-21 08:58 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kmotokun.exblog.jp/tb/23160198
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 乙女の2400mは騎手のエスコ... ウォーリアーズ、2戦目は快勝、... >>